Prism Palette 攻略法

Ver.1.0

プレイ確認:バージョン2.0.0.4

トップ|桜木弥生大倉紅葉朝霧藍子睦月すみれ隠れキャラその1隠れキャラその2そのほか

ゲームの概要

 BloccoliのPCゲーム『Prism Palette』(以下、PP)攻略法です。修正ファイルがBloccoliのサイトに公開されておりますので、事前にゲームをアップデートしてください。

 なお、もともと重いゲーム(苦笑)を少しでも軽くするため、CD-ROM内の大きなファイルは、ハードディスクにコピーしておくことをお勧めします。

 1日単位でイベントが進行するにもかかわらず、セーブできるのが週の最後であるうえに、プレイ中にはタイトル画面には戻れないと意地悪な仕様になっているため、セーブ&ロードによるプレイが非常にやりにくくなっています。

 基本的に、ある特定のキャラクターとのエンディングを迎えようとする場合は、オンリープレイを心がけるのがよいでしょう。ただし、最初から登場するのは紅葉と藍子の2人だけで、あとは途中から登場するので、適宜セーブしてから開始する方が効率的です。

 なお、一度見たCGやイベントは、いちいちセーブしなくても記録されるので、イベント探し・CG集めのみの場合は、いちいちセーブせずにほかのデータをさっさとロードしても支障はありません。

エンディング

 攻略対象キャラクターは6人(全員女性)で、このうち隠れキャラ2人は初回プレイではクリアできません。2回目以降のプレイで攻略可能となります。

 各キャラクターに対して、それぞれトゥルーエンドとノーマルエンドがあります(誰とも結ばれない場合のバッドエンドも1つ)。トゥルーエンドを見ると、おまけモードでの壁紙設定が可能となります。イベント発生(後述)がうまくいかないことも少なくないので、各キャラクターごとに最低2回はプレイするのが確実です。

キャラクター別攻略

 各キャラクター別の攻略表では、確実にトゥルーエンドに到達できるパターンをあげてあります。

 隠れキャラその2を除けば、完全なオンリープレイで進めても無理で、大半のキャラは別キャラにちょっかいを出しながら進めないとイベント発生のためのフラグが立たないようになっています。具体的には、弥生および隠れキャラ1が大きな鍵を握ることが多くなっています。

 なお、隠れキャラ2(弥生・紅葉・藍子・すみれの4人の個別エンドをそれぞれ最低1回ずつ見ると強制的に登場します)が出現すると、「その他」の一部イベントが発生しなくなります

 上の2つを考慮すると、エンディングを見る順番は「紅葉」→「隠れキャラその1」→「弥生・藍子・すみれのうち2人」とし、以上が済んだところで「その他」イベントをすべて確認、「弥生・藍子・すみれの残り1人」→「隠れキャラその2」と進めるのがお勧めです。

イベント発生

 PPは、マップ移動による行動で発生するイベントと、強制イベントとの双方で各キャラクターの進行フラグが立ったり、あるいは好感度がアップしたりするシステムとなっています。マップ移動でイベントが発生する日付にはある程度幅がありますが、大半はノーヒントなのがやっかいなところです。

 イベント分岐などの重要な個所については、背景を青色で示しました(CSS非対応環境、あるいはモノクロ環境の場合は、表の上側のテキスト解説部分にポイント個所を書いてありますので、こちらを参照してください)。

 それぞれのキャラクターとのエンディングを迎えることじたいはさほど難しくありませんが、それよりも個別のイベントをコンプリートするほうがはるかにたいへんです。また、同じタイトルのイベントであっても、移動先で発生した場合と、間をおいてから自然発生した場合とでは、異なるイベントとして記録されます(発生日時がずれるだけの場合は同一とみなされます)。

 このため、各ヒロインごとのエンディング到達のほか、イベントの発生条件も、判明するかぎり明記しました。特に、1つのイベントが複数種類ある場合、それぞれの発生条件を見極めて効率よくプレイすることがイベントコンプリートへの必須要件となるので、この点を確実に押さえることを第一の目的としてイベント表を作成しました。

 各イベント中に選択肢が出る場合は、選択によって別カウントとされるため、選択肢の総当たりが必要です。強制イベントに近い場合はほかのキャラクターを攻略中に見れば大丈夫ですが(すみれなどが多い)、通常は、事前のセーブデータからロードしてしつこく全パターンを繰り返すぐらいしか方法はありません。

 「おまけ」から入れるイベントリストが緑色である場合は、複数あるバリエーションのうち一部しか見ていないことを示します。

 なお、キャラクターごとのイベントの大半を見ると、キャラクターのシステムボイスが使えるようになります。ただし見なくても大丈夫というイベントはごく少数なので、基本的にイベント制覇を目指すのが確実です。

 さらに、全ヒロインのトゥルーエンドを見ると各キャラクターのボーナスCGが見られるようになり、また全キャラクターのシステムボイスが使えるようになると、全員集合CGが見られるようになります。これが見られた時点で「PPをコンプリートした」といえるでしょう。

 表中、選択肢が出るものには「★」を、また注意が必要であるものには「※」を付し、表の下部に注をつけてあります。

 また、表中の「CG」の番号は、各キャラクターの「回想」欄の下記の部分にそれぞれ対応します。なお、「3-1」および「3-2」はエンディングで表示される(「その他」を除く)ので省略してあります。「3-1」はそれぞれのトゥルーエンドで見られます。

1-11-21-3
1-41-51-6
2-12-22-3
2-42-52-6

そのほか

 この攻略法の取り扱いおよび更新履歴については、READMEをごらんください。

by Ken
[攻略リストへ] [レビューページへ] [トップページへ]