さおりんといっしょ!! Leaf

1996年11月22日発売
ご意見などは掲示板へどうぞ

 「さおりん」とは、『』に登場する、新城沙織嬢のこと。彼女がナビゲートしてくれるバラエティパッケージです。妙に厚いCDパッケージ。その中身は、まずそれなりに満足できるものでした。

 元ネタは『雫』と『』ですが、メインは『痕』の方ですので、これをプレイしていないと買ってもあまりおもしろくないし、そもそも意味がないかと。

内容

 ゲームを起動すると、以下のメニューが現れます。

さおりんと一緒
 さおりんのあいさつ(時間帯や日付によって違ってきます)を聞いたり、背景色を変更したりできます。
新作情報
 もはや旧作ですが(^^;)、『To Heart』の紹介。
おまけシナリオ
 『痕』おまけシナリオの説明。別プログラムを起動することになります。
ミニゲーム
 「生ハムレース」と「神経衰弱」の2つ。ご褒美CGがあったりします。「生ハムレース」は、ミニ競馬シミュレーションのようなものです。なかなか「生ハム」がかわいくて楽しいのですが、こいつら途中でグースカ寝たりするので(^^;)、思ったよりも難しかったりします。「神経衰弱」は、そのものズバリ、『痕』の初音ちゃんと神経衰弱をプレイ。制限時間などはないので、メモしながらプレイすると一瞬で最強(^^;) まぁ、コンピュータソフト相手に神経衰弱やっても、なんだかねぇ。
リーフ愛の絆
 ユーザー側から寄せられたもろもろの作品を発表。「イラスト・CG」「歌詞」「同人誌」「リーフネット」から選ぶことができます。
旧作紹介
 『ナイト雀鬼』『フィルスノーン』『雫』『痕』の紹介のほか、「ぼつ企画」もあります。ここで「音楽の部屋」をクリックすると、同梱の音楽CDとの入れ替えを求められます。
キャラ人気
 『雫』『痕』のキャラクター人気投票結果。投票結果が棒グラフ表示されます。

 このほか、スクリーンセーバーや壁紙データもありますが、それほどのものではありません。

 また、『痕』のおまけノベルも入っていますが、『痕』本体に入っていたおまけシナリオの方がずっとおもしろいと思うのですけれど。

不具合・修正プログラム

 インストーラーに不具合があります。修正ファイルがあり、LeafのWebサイトからダウンロードできます。

 なお、これは「不具合」というわけではなく仕様なのですが、起動が256色専用なのはちょっと嫌なものがあります。

サウンド

 BGMは、CD-DAで演奏されます。なかなかいい感じのBGMが多いですね。

 そして何よりも特筆すべきは、添付の音楽CD。『雫』『痕』のMIDIデータをそのままCD-DA化したと思われるサウンドが収録されています。特に『痕』のサウンドは、Windows版『痕』より明らかにクオリティが上ですので、CD-Rをお持ちの方は、サウンドトラックをそっくり入れ替えたCD-Rを作成されることをお勧めします。「ためいき」など、まるで別の曲かと思うほどの差がありますよ。

 また、本体CD-ROMの方には、MIDIデータも入っています。これはこれでなかなか活用できるのが嬉しいですね。

グラフィック

 時々、オリジナルCGが見られるシーンがあります。『痕』のようなタイプのグラフィック、という以上の説明は不用でしょう。「楓ネコ」がかわいいデス(^^)

関連リンク先

 このパッケージを独自にレビュー対象としているサイトは、私のページのリンク先にはないようです。

総評

 サウンド方面でのサービスが充実していますので、特にWindows版の『痕』をプレイされている方にはお勧めできます。ただ、バラエティパッケージとしては、やや物足りないのは確か。定価2800円という価格を考えれば納得はできますが、後に発売された『初音のないしょ』ほどのボリュームはありません。

個人評価 ★★★★★ ☆☆☆☆☆
2000年1月4日
Mail to:Ken
[レビューリストへ] [トップページへ]