お兄ちゃんへ Guilty/Will

1997年7月25日発売
ご意見などは掲示板へどうぞ

 「近親」「狂気」。この2つのキーワードが重なり、しかもタイトルが「お兄ちゃんへ」とくれば、連想できるシチュエーションの組み合わせはそう多くありません。私もご多分に漏れず、背徳と淫靡との微妙なバランスの上に立ったガラス細工のごとき物語を期待したものですが……。

シナリオ

 東京でイラストレーターとして活躍していた高木原俊彦(名前固定)は、「妹危篤帰れ」という電報を受け取る。彼はもともと深い山里の旧家の長男であったが、そこから逃げるように都会へ出ていったという経緯があった。ところが、いざ戻ってみると、琴美は精神的に異常をきたしているものの危篤とはほど遠い。一時は家を捨てたはずの俊彦を呼び寄せたのは誰なのか。そしてまた、この旧家で何が起こっているのか。

 

 ゲームには「マルチシナリオアドベンチャー」あるいは「ミステリアスサスペンス」と銘打ってあります。前者はまぁいいとして、後者はどうも広げすぎに思えます。

 ミステリアスな雰囲気は確かにうまく描かれていて、不気味な世界であることはわかります。しかし、その「不気味」というのが、狂気、あるいは非現実の世界へとうまくリンクせず、単なる淫欲に満ちた世界へと安直につながっています。しかも、それを「血」ですべて説明しようというのは、そらあんまりでんがな(^^;)

 旧家およびそれを中心とした村社会の不気味さから、トゥルーシナリオで明かされる「背景」へと一気につなげれば、なるほど、そう称することは可能ですけれど、ゲームをプレイしている間には、そんなことを考えることはまったくできません。淫欲に満ちた世界といっても、結局は某エロオヤヂの願望的世界&自己正当化を拡大しているに過ぎず、代々伝わっているかのごとき「記憶」との関連づけができていません。

 

 また、「お兄ちゃん」と呼ばれることを契機とした「背徳」感についても、上記のとおり、単に「淫欲の世界」のみですべてを片づけているため、別に相手は妹でもなくてもよいというシナリオ展開。テーマは、「妹への感情」なのか「自分の中の醜悪な欲望」なのか「呪われた血族」なのかがさっぱりわからず、焦点がまったく結ばれていません。ダークなネタをてんこもりにした結果、シナリオで見せると思わせるスタイル(シナリオの分岐を見るかぎりそう思えます)にそぐわない、エロに依存するゲームになっているように見えます。トゥルーエンディングを見ても、こういった問題点の解決はなおざりにされ、ただ「一応こーゆーことだったのよ」という、いかにも説明っぽいオチになっているのですから、たまりません。

 

 さらに、キャラクターの配置にも、どういう意味があるのかと考えた場合、「不気味な世界」の演出には役に立つような配役になってはいながら、個々のキャラクターの演じる役割が不明確であり、かつ、活躍させきれていません。茉莉香や澄江などの視点から物語を語らせてみれば、また新たな展開を盛り込むことができたとも思えるのですが。主人公からして、エンディングになると「逃げる」ケースが非常に多いのですが、結局なにも解決しとらんやんけ、というツッコミを何度入れたことか。

ゲームデザイン

 選択肢によってシナリオが分岐するという、オーソドックスなスタイルのアドベンチャーゲームです。選択肢の数自体はさほど多くなく、またすべて二択ですが、分岐はかなり激しく、エンディングをすべて見るのはなかなか大変です。ダミーの選択肢が少なく、すぐにエンディングに直結します。ただ、バッドエンドの数の多さは疑問。あまりにも唐突なエンディングが多く、分岐を増やしたことによる意味があまり感じられません。ボリュームアップということなのでしょうが、全シナリオを終えようとすると非常に大変です。

 なお、名前のあるエンディング(バッドエンドでないエンディング)をすべて終えると、トゥルーシナリオに入ることが出来ます。

不具合・修正プログラム

 メッセージウィンドウが表示されないという不具合がありました。ギルティのWebサイトに、修正ファイルがアップされています。

操作性など

 重い、の一言に尽きます。入力デバイスはマウスのみで、キーボードは受け付けません。マウスクリックの連打が必要となりますが、クリックの反応はワンテンポほど遅れ気味。あまり速くクリックすると次のメッセージに移ってしまい、なかなか面倒です。メッセージスキップなどという気の利いた機能はありません(-_-;)

 セーブ&ロードは、任意の位置で5個所までセーブ可能ですが、セーブ時のデータは何も表示されないのは、ちょっと難あり。

 CGモードは、各ヒロインごとに表示されますが、登録されないシーンもかなり多く、何が基準になっているのかよくわかりません。BGMモードを選択すると、ソフトウェアMIDI演奏アプリらしきランチャが起動します(曲名表示などはなし)。しかし、MIDIファイルはCD-ROMの中にベタで収められているので、こんなものいらないと思うのですが。

サウンド

 BGMは、MIDI(GM)で演奏されます。

 音声は、女性のみですが、フルボイスではなく、話すセリフと話さないセリフとがあります。ある一定のイベントの中で、喋ったり喋らなかったりというのは、ちょっと興ざめですね。男の声がなかったのは、このゲームに関しては大正解でしょう(^^;) なお、時折放送禁止用語が出てきますが、「ピー」音の陰になっても聞こえます(^^;;;)

グラフィック

 原画担当は、相川亜利砂氏。グラフィックは、非常に綺麗ですね。しかし、処理が非常に重く、特に、画像をうねうねと波打たせる演出などは、私の旧環境(MMX Pentium200MHz、S3Virge VRAM4MB)では、非常にもたつき、イライラさせられました。現在の環境(Celeron433MHz、S3Savage4Pro VRAM32MB)ではスムーズでしたが、2年以上前に発売されたゲームとは思えない重さであることは念頭に置いた方がよいでしょう。プレイ自体には影響ありませんが、ストレスのかかり具合はかなり違うはずです。

 人物CGは、特に立ちCGがかわいくない(^^;) 一枚絵に関しては、襖から顔を覗かせる望、水浴びをする水着姿の茉莉香など、なかなか綺麗なものもあるのですが、通常シーンでは表情がかげりっぱなしです。まぁ、そういうシチュエーションなのだ、といえばそれまでですが。

お気に入り

 草薙茉莉香嬢。このまま不幸で終わらせるのはちょっと…。澄江さんも悪くはないけど。

関連リンク先

 SHEOさんのサイトにレビューがアップされています。

総評

 ありていに言えば、話の作り方がなっていません(^^;) 伏線は消化できず、出していない伏線に対する説明のようなものが出てきても興ざめ。また、話の展開にもかなり無理入っている部分が多いこと、エンディングがあまりにも唐突なこと。

 まずは、トゥルーシナリオに、1本の筋を入れて欲しかったものです。その上で、各キャラクターとのエンディング(必ずしもハッピーでなくても結構)を揃え、その辻褄をあわせていく。こうした方が話がまとまったのではないか、と感じます。

 「ミステリアスサスペンス」という「羊頭狗肉」がなければ、ここまでこき下ろすこともなかったかと思いますが、要は、ただれた世界に浸ってみたい方、ロリなヴォイスで「お兄ちゃん」と呼ばれたい方向け、ということなのでしょう。

個人評価 ★★★★★ ☆☆☆☆☆
1999年9月14日
Mail to:Ken
[攻略ページへ] [レビューリストへ] [トップページへ]