や・く・そ・く May-Be SOFT

1997年7月25日発売
ご意見などは掲示板へどうぞ

 「記憶」あるいは「幼なじみ」という設定に関し、エンディングを絞り込みながらボリュームアップしているというゲーム。まさに私的ツボを巧妙についてくる…ハズだったのですが(^^;) 世の中なかなかうまくはいかないようです。

 メイビーソフトの過去の作品といえば、『Coming Heart』しかプレイしたことがなく、ほんわかした雰囲気の中で、明るいエロを楽しむ、そんなイメージがあるブランドだったのですが、シナリオはどうなのか…全く中身が見えないまま、勘だけで手にした私の判断は正解だったのかどうか?

シナリオ

 主人公・狭山悠一(名前固定)は、不幸が取り柄(?)の大学生。幼少の折り、海難事故で両親を亡くした上に記憶を失ってしまっている。しかし、彼の生活は、ミズキと名乗る女のコの登場によって一変する。さらに、彼の周囲には、後輩である遊美、お姉さん的な存在の秋穂といった女性がおり、彼女たちは、主人公との「過去のやくそく」を果たしに迫ってくる。その「やくそく」とは…?

 

 こういった感じの説明文がCDケース裏面に書かれているのですが、これを見て『ONE』を連想してしまった私が浅はかでした。確かに、長くなっており、それゆえ「ボリュームはアップ」していますが、長いだけで、シナリオに深みはありません。「過去のやくそくとは何か」「それをどのようにして果たすのか」「それを果たすことによって、主人公の過去や現在はどうなるのか」「そして、彼を巡る人間関係は、これを転機にどう変貌するのか」…といったことを期待してはいけないゲームでした(;_;)

 

 なにせ、ストーリーが1つしかないくせに、ムラはあるしムリはあるしムジュンはあるし、と、三ム主義を地でいっています(^^;) 長いだけで、薄い、なんだかゴムホースのような感じのストーリーでした。シナリオ担当の方は、かなり気合いを入れた、なんて感じのコメントを残しておいでですが、長けりゃいいってもんじゃないでしょ。

 

 Hシーンの多さと、「女の方から迫ってくる」というのは、このゲームでも当てはまっていました。主人公はそれに流されてHする、というパターンです。また、キャラクターの描写はそれなりにきちんとできていますが、「萌えられる」ような描写法ではないですね。やはり、シナリオの組み立て方から推測するに、「Hで、なおかつ読ませる」というスタイルが正解だったのでしょう。それだけの力はなかったようですが(^^;)

 なお、登場人物の姓は、埼玉県の地名から取っていますね。

ゲームデザイン

 エンディングは2通りしかない上、シナリオは完全にパラレルで一本道です。エンディングは、好感度によって決定されます。通しでプレイすると3時間半程度ですが、かなり長く感じました。

 各シナリオごとに「第×話」として区切られていますが、あまり機能していません(^^;)

操作性など

 HDへのインストールと、CD-ROMからの実行とを選択可能です。入力デバイスはマウスのみですが、単調なゲームであることを考えると、エンターキー=左クリックにしてほしかったところ。

 画面は、640×400がノーマルサイズで、4通りから選択可能です。ただ、ラージサイズにするととたんに描画速度が落ちる上、CGのアラさが目立ちますので、ノーマルサイズのままでプレイするのが良いでしょう。

 セーブ&データは、選択肢が出ている場面でのみ可能です。分岐をおさえるための親切設計…かと思いきや、実際のところは、長時間プレイの中断目的でセーブすることが多かった(^^;) 8ヶ所までセーブ可能。セーブすると、プレイ時の実日時が記録されます。なお、セーブファイルは作られず、レジストリに書き込まれます。これは、メインメニューで出てくるスタッフメッセージにも書かれていますが、どうもねぇ。

 そして、キれそうになったのが、メッセージ早送りがないこと。こういう単調で長いゲームには必需の機能だと思うのですが…。プレイ後、手首はよくほぐしましょう。なお、テキストの表示速度を変更することは可能(4段階)。CGモードは、各キャラクターごとに表示され、達成率も出ます。

サウンド

 BGMは、WAVEファイルです。曲単体としては、大したことのないものですが、BGMとしてはまぁいいでしょう。音割れなどもなかったですし。なお、音声はありません。

グラフィック

 影崎夕那さんの原画。原画のクオリティに関しては、説明不要でしょう。ただ、『卒業写真2』でも思ったんですが、ロリキャラだろうがなんだろうが、ほとんど全員がミゴトなせくしぃだいなまいつしているのはちょっと…そりゃあ、千歳さんやカレンなんかはそっちゃの方がいいかもしれないけどね。遊美なんかは…。あと、相変わらず(主人公を除く)男どもが個性的なのは楽しいです(^^;)

 なお、CGに使われているのは、基本的に16色です。98DOS版と同時発売だった以上仕方ないのでしょうが、もう少し彩りが欲しいとともに、CGの粗さをなんとかしてほしい。立ちCGで、(特に遊美とミズキ)顔がどアップになるのは、原画をムリに引き伸ばしているように見えるんですが…。

お気に入り

 特になし。

総評

 各キャラの設定は面白いと思うんです。「夢魔」でありながら、実は福をもたらしてくれる、とかね。でも、その設定が、シナリオの中で完全に死んでしまっています。細部の指摘は空しくなるだけですからやめますが、最初の2割ぐらい進んだところで、あとは、ただひたすらマウスクリックを続けることになりました。早く終われー、早く終われー、ひたすらそれを念じながら。でも終わらないんだこれが(^^;)

 

 突拍子もなく発生するイベント。それら相互の関連とか意味づけとか、そういったものにもう少し配慮してシナリオを組み立て、その上でテキストを書く、という風にすれば、素材がおもしろげなだけに、結構いけるゲームになったんじゃないでしょうか。でもねぇ、Hシーンを、針と糸で縫い合わせたようにシナリオが続いていくもんですからねぇ。「やくそく」をもっと鋭く掘り下げていくか、徹底的にらぶらぶで攻めるか、そのどっちかでいけばまだしも、どっちつかずですし。

 軽くてスケベなノリに徹すればよかったのに、ヘタに重ためな設定を使おうとして自爆したゲーム、というのが私の感想。

個人評価 ★★★★☆ ☆☆☆☆☆
1999年9月6日
(10月7日、「総評」に加筆)
Mail to:Ken
[攻略ページへ] [レビューリストへ] [トップページへ]