永遠の都 ちぇりーそふと

1998年10月30日発売
ご意見などは掲示板へどうぞ

 「ロマンス、ください…」こんな、ものすごくクサいキャッチコピーを見て、非常に白々しさを覚えたものの、以前から目を付けていた同日発売のゲームとともに、深く考えることもなく買ってしまったという代物です。その後、プレイにはかなりの時間がかかることもあって、延々と付き合うことになったのですが、その後、評価が二転三転したゲームでもあります。特に、女性のシナリオライターが中心になって作成されたゲームということもあって、一時はかなり話題を呼んだ作品でもありました。

シナリオ

 主人公・佐藤純(下の名前のみ変更可能)は、都内の大学に通う大学生。夏休みのある日、義妹のペンフレンドからきた手紙がきっかけとなり、主人公は義妹のまりことともに、瀬戸内海の「九月島」を訪れる。そこは幼いころ、亡くなった父とともに訪れた場所でもあった。そして、まりこのペンフレンドである圭子がメイドとして勤める「久園寺家」に厄介となり、当主の舞子、タカビーでグラマーな長女・麻紀、寡黙で人見知りの激しい次女・夕紀(ゆき)、メイドの理恵といった人物と出会う。洋館においておきる不思議な現象。しかも、主人公が訪れた翌々日には、財産分与の儀式があるという。それらは、主人公とどういう関わり合いを持つのか、そしてまた、その現象は、その後の彼らの運命をどう変えていくのか…。

 

 かなり長いシナリオです。マニュアルにはロマンティックなストーリーが、あなたを待っていますとありますが、ファーストプレイの段階では、サスペンスとしか見えませんでした。なおかつ、1つのシナリオを終えた段階では、キャラクターの行動や設定に覚えた違和感のために、どうにもハマることはできませんでした。特に、ラブストーリーとしての魅力は、クライマックスシーンに至る部分での盛り上がりに欠けるという点もあってか、それを感じることはほとんどありませんでした。さらに、演出面での不満が先に立った面も否定できません。したがって、単独のシナリオで見た場合、その全体を見渡して得られた感動というものは特にありませんでした。この点では、例えば個別シナリオだけでも、多くの要素を実にバランス良く取り入れ、消化していた『』とは、根本的に異なります。特に、会話部分で妙にリアリティが強く、「第三者視点でフィクショナルに把握している」ことを前提とした場合、「…だから何なんだよ」というツッコミを入れたくなったのは、LeafやKeyの会話に毒されている証拠なのでしょうか(^^;)

 しかし、どうせ買った以上プレイしてやろう、と思い直して(^^;)継続してみると、複数のシナリオが呈示するシナリオの方向性に大きな差がない反面、それぞれの中で描かれている展開は、「盛り上げる」ことを狙っているのではなく、寄せ木細工のような繊細さで構成されている、と感じ始めました。その中にあっては、設定を微妙にずらしたり小出しにしたりといった「組み合わせ」の妙を感じさせます。

 さらに、単独のシナリオでは明かされない内容が、以降のシナリオで曝されるという、マルチシナリオの基本パターンはしっかりとおさえられています。紙を一枚一枚はぐっていくように、背景がしだいしだいに明瞭になっていくので、「先を期待させる」というものになっていることは評価できましょう。

 

 個々のシナリオを振り返ってみると、ボリュームの有無、設定の不自然さ、他シナリオとの整合性の良否など、かなりのバラツキがあります。したがって、各ヒロインごとの存在感に、相当の格差が出ていることは否定できません。特に、ヒロインの数もシナリオの数も非常に多いうえ、各シナリオの舞台設定が基本的に統一されていることもあって、差異化ができていないのはかなりのウィークポイントといえるでしょう。キャラクターが発揮しうる魅力が、各シナリオごとに独自で展開されることがなく、相互の関連性(あるいは依存性というべきか)が極端に強まっている結果、シナリオ間で受ける印象の混淆が起こり、最終的に、その内部から発せられるメッセージが薄いものとなってしまいます。

 この点は、序盤では特に気にかかることはなかったのですが、中盤以降になると、かなり鼻についてきたのは事実です。さらに、かなり間をおいてリプレイしてみると、この点はさらに顕著に感じられました。

 

 さらに、こういったマルチシナリオタイプのゲームの場合、主人公の位置づけが非常に重要となります。その主人公はといえば、どうも性格がつかめない…自分なりに考え、の判断で行動してはいるのですが、彼の思考パターンと私の思考パターンとが乖離しているのかどうか、なんかついていきにくいのです(^^;)

 ここで、冒頭で書いた「女性ライターの作品」という点が、大きくクローズアップされてきます。

 しかし、NIFTY SERVEなどで、女性プレイヤーのご意見などから察するに、女性にとって「こう言われたい、こう行動してくれたら嬉しい」といったパターンを踏んでいるようです。「恋愛に憧れていた時代」の「恋愛」像をシミュレートしているのでしょうか。このあたりは、ジェンダー的に男性である私にはわかりようもないのですが。すべてのシナリオにおいてそうだ、というわけではないですが、主人公は、謎解きの際にヒロインとともに行動することが多いですが、「私だったら」ヒロインに相談することはあっても、実際に行動に協力させることはないでしょうね。ヘタに手を出させると、かえって大火傷を負うようにも思われますし。Xゲームにおいて、怪奇現象や猟奇的事件に対し、積極的にコミットしていこうというヒロインは、もれなく非道いめにあっているような気がします(『痕』でいえば、梓とかね)。そういう事態は避けたい、という気になりますが…これもやっぱり、男性の視点なんでしょうかね。「安全にしておきたい」のが男性の、「(そばにいて)安心したい」というのが女性の心理なのでしょうか。

 

 ちなみに、Hシーンの数は、そう多いわけではないのですが、とにかく長い…初回プレイでのエンディング間際のHシーンは、えんえん10分近くの長丁場で、見ているだけで疲れました。もっとも、ここがいわばクライマックスとなっているのであり、先述のとおり、女性の視点で描かれている面が強い本作品では、かなり気合いの入った形で描かれています。女性にとって「(特に初めての時は)こうありたい」というのが素直に出ています。逆にいえば、男性にとっては、新鮮と感じるか違和感を覚えるかのどちらかになるので、いわば「諸刃の剣」。私はさっさとスキップしたクチですが(爆笑)

 

 あと、本編の余韻をすべて壊してくれるおまけシナリオがあり、これの中に大量のCGが埋め込まれているので、頑張ってプレイする必要がありますが…楽しくありません。本編での設定と重なる部分が多いため、かなりシリアス調で展開されてきたゲーム全体に対する印象がかなり損なわれています。シュールな展開を楽しむことはできるでしょうが、ギャップの付け方が間違っているように思えてなりません。『痕』のように、もともと「楽しい日常」というものに関する書き込みがしっかりできていれば、その上にギャグシナリオを付加しても充分に楽しいのですけれど。

 このゲームをプレイした直後、私がNIFTY SERVEで書いた文句、

 「やってがっくり玉手箱、開けて飛び出たシロケムリ、のぞいてみればちりあくた、さかさにふっても音も出ず」

を、再度流用させていただきます。

ゲームデザイン

 形式的には、テキストが画面上に重なる「ビジュアルノベル」といえそうですが、1回に表示されるテキスト量は通常2〜6行で、最大でも5行。しかも、フォントはかなり大きめです。さらに、一文を出して、次の一文を出すときには、たとえ画面が同じであっても、メッセージ消去→メッセージ表示を律儀に繰り返すので、文を読む際にワンテンポのギャップが入り、非常に気にかかりました。ビジュアルノベルという方法の採用に無理があったのでは、と思うケースは、例えば『Reborn's Day』(Pinpai)や『許嫁』(ZERO)でも見られましたが、このゲームに関しては、「メッセージウィンドウ方式にしなさいっ」と言いたくなりました。

 シナリオ面で書いたとおり、マルチシナリオ方式になっていますが、すべてのシナリオがエンディングフラグの制約を受けています。すなわち、初回からプレイ可能なシナリオはAシナリオのみで、Aシナリオをクリアすると、AのほかにBもプレイ可能となり、Bをクリアすると、A・BのほかにCもプレイできるようになる、という方式です。要するに、エンディングを迎えるたびに選択肢が増えていくわけです。

 途中で出てくる選択肢は、基本的に二択ないし三択で、速攻でゲームオーバーになってしまう場合もあります(直後にヒントが出ます)が、選択肢を変えてリプレイできる機能が付いています(後述)ので、シナリオに専念して進めることができます。

 このゲームで特筆すべきなのは、「選択肢サーチ」というシステムでしょう。このゲームでは、選択肢が表示されると自動的にオートセーブが行われ、どの選択肢を選んだかが記録されます。そして「選択肢サーチ」画面で、任意の選択肢からゲームをスタートし、これまで選んでいなかった選択肢を選んでそこからロードすることが可能です。プレイ済みの選択肢は赤、未プレイの選択肢は緑で表示されます。また、それまでのプレイでは出現しなかった選択肢は、紫色で表示されます。このため、リプレイは非常に容易になっており、フローチャートを作って悪戦苦闘したりする必要はなく、セーブ&ロードも不要です。選択肢で枝分かれしていくタイプのゲームとしては、非常によくできたシステムです。

 

 ただ、問題として、一回のプレイにかかる時間がかなり長い(4時間程度は必要です)うえ、シナリオの数が多いので、プレイを重ねていくに従って、初めのころにプレイした内容が頭に残らなくなってしまうことがあります。例えば『冬虫夏草』のように、各シナリオ間で、ベースとなる部分そのものがゲームの主題となっていれば、設定が並行的であっても混同することはないのですが、『永遠の都』では、ヒロインたちとの関わりが何よりも優先されている結果、共通のゲーム世界が同じであってもまったく違う視点から示されているため、シナリオごとの違いが不明確となってしまい、後から振り返って「あのシナリオではどうだったんだっけ?」となってしまいました。

 要するに、ボリューム過多です。プレイヤー側の受容能力(認識能力というべきか)を超えるような展開を出されても、本になっている小説のように容易に再検討することはできないのですから、困ってしまいます。まぁ、私自身の能力不足が問題なのかもしれませんけれどね(^^;)

操作性など

 ゲームプレイには、CD-ROMから実行・ハードディスクにインストールの2とおりがあり、さらに後者は、インストールのオプションを3とおりから選択可能です。私は音声なしでプレイしたので、「デフォルト・インストール」(FAT32で191MB使用)でした。「デフォルト」または「最大」でインストールすれば、起動の際にCD-ROMは不要となります。

 ゲーム進行は、マウス・キーボードの双方で可能です。

 セーブ&ロードは任意の位置で可能です。なお、セーブデータは「しおり」という名称で、各「しおり」は独立しているため、1つめの「しおり」の内容は、2つめの「しおり」には反映されません。要するに、『痕』と同じ方式です。ただ、「選択肢サーチ」システムのために、実際にセーブ&ロードを繰り返すことはあまりなく、純粋に、「中断するため」のセーブとなっています。

 なおセーブデータファイルは、ゲームファイルのインストール先ではなく、システムドライブのルートに「Cherry」というフォルダが作られ、ここに置かれます。なんで?(--;)

 メッセージ速度は、「速い」「普通」「遅い」の3段階に分かれていますが、「速い」を選択しても、MMX Pentium200MHz程度のCPUでは、あまり速くありませんでした(^^;) 全体的に動作が重めという印象です。また、メニューバーの「選択肢までスキップ」をクリックすることで、メッセージスキップ可能です。さらに、マニュアルには書いていませんが「Ctrl」キーを押すことで、上記の方法より少しゆっくりめにメッセージスキップできます。文章を斜め読みしながらプレイしたい、というときには、この方法がいいかもしれません。

 CGモードは、キャラクターごとのサムネイル表示です。最初から見ることができます。テキスト付きの回想モードなどはありません。また、BGMモードは曲名付きです。

サウンド

 BGMは、しんみりとしたピアノ曲、特に、古い木造家屋の中で演奏されるオルガンを連想させるようなサウンドが印象的です。まぁ可もなく不可もなく、といったところでしょうか。しかし、効果音がいまひとつという感じです。

 音声に関しては、うまいとかヘタとかいう以前に、ゲーム世界の雰囲気を中途半端に崩してしまう懸念があったため、基本的に音声オフでプレイしました。したがって、あまり詳細は語れませんが、まぁ悪くはないかな。

グラフィック

 「あきら」氏の原画です。人物CGは、そこそこかわいく描けてはいますが、光線の使い方がどうもわざとらしい感があり、個人的にはどうも好きになれませんでした。塗りは、特に肌の質感が非常によく出ていたのが印象的です。

お気に入り

 プレイ中、あるいはプレイ直後は、このコが、というのが確実に存在していたのですが、すでにすっかり色褪せてしまったのか、特に気に入っているというキャラクターは、現在ではいません。祇園精舎の鐘の声…

総評

 このゲームの評価に際しては、「シナリオの組み方」と「女性の視点ならではの記述」の両面を外すわけには行きません。

 前者に関しては、非常に野心的なものを感じましたが、気合いが入りすぎてオーバーランして壁に激突しているように見えます。マルチシナリオゲームとしての及第点は充分に突破していますから、全体的なバランスという面を見据えて、基本を堅実におさえた上での爆走を期待します。

 一方、後者については、「貴重な経験」とは言えるでしょう。特に、NIFTY SERVEで、こういったゲームに関して意見交換ができたのは、非常に有益でした。しかし、描写そのものは、私の肌には合わなかったのは事実です。

 何よりも、こういう「新しいゲーム作り」に果敢に挑戦しているという姿勢を、まず高く買いたいと思います。

個人評価 ★★★★★ ★☆☆☆☆
1999年9月19日
Mail to:Ken
[レビューリストへ] [トップページへ]