暗闇2 〜閉ざされた迷宮〜 Melody/ぱんだはうす

1998年11月13日発売
ご意見などは掲示板へどうぞ

 パッケージを見ると、地下鉄で痴漢するシミュレーションゲーム(^^;)のようにしか見えません。しかし、その中身は、多彩なストーリーからなるオムニバス的なアドベンチャーゲーム。発売延期が多く、かなり待たされたという印象のあるゲームではありましたが、宣伝効果の定着という面ではむしろ良かったのかも。ただの「痴漢電車」だったら、たぶん私は買わなかったと思いますし。

 ただ、タイトルの「暗闇」という名詞から、ダークな展開を想起させる可能性は高いだけに、このネーミングが妥当であったかどうかは微妙だと思います。Melodyのゲームを事前にプレイしていれば、雰囲気をある程度予想することは可能だったでしょうが。

シナリオ

 地下鉄に閉じこめられた、主人公とヒロイン。彼らを取り巻く空間の中で、何が起きるのか、そしてその背景には、何があるのか。

 

 最大公約数的に「ストーリーを紹介しろ」と言われても、無理です(^^;) 閉鎖された空間の中において、どのような行動をとるか、を楽しむゲーム、といってもいい…かな?

 シナリオにはかなり強引な展開のものもあり、またテーマの把握に困難をきたすものもありますが、個々のシナリオごとにかなり違ってきますので、別個に。

清水あかね編

 ハードボイルド的なネタ自体はともかく、サスペンスに要求される臨場感をうまく出しています。次の展開はどうなるのか、それをひたすら追いながらプレイすることが可能でした。また、視点が、主人公とあかねとで入れ替わるという体裁を取っていますが、その際にも混乱をきたすことはなく、むしろ「両者がそれぞれどういう行動を取り、どういう環境にあるのか」をうまく把握できる形になっています。他のシナリオでのヒロインが、サブキャラとしてうまく機能していた点、ネコやらバイクやらといった小道具が味を出していた点など、細かい演出が憎く利いていました。特に、人間関係を混沌とさせることなく、また「死」を軽率に扱うことなく、誠実にシナリオを組み立てているのもポイント高いでしょう。個人的には、探偵モノXゲームとして、『ルーキーズ』(海月製作所)を上まわる出来だと判断しています。

大河内千都瑠編

 音楽家シナリオですが、エンディングがあらかじめ考えられた上で、中途に装置が配置された、という印象があります。シナリオの分岐はいちばんややこしいのですが、ストーリーの展開はしごく単純で、「閉じこめられた2人」という設定がそのまま素直にいきています。しかし素直すぎて、プラスα的な要素があまり感じられません。特にエンディングの御都合主義的なシナリオは感心できません。シナリオで読ませると思われる3シナリオ(あかね・千都瑠・乃夢)の中では評価が最も低くなっています。

鞍馬乃夢編

 メロディを連想させる乃夢ですが、残念なことにちゃんと穿いています(爆)…というのはおいといて、ファンタジーとホラーとを織り交ぜたような展開です。懐旧ネタといえばそれまでですが、乃夢の語り口によって、現在と過去とを把握させるという、シナリオ展開の方法に、むしろ目新しさを感じます。エンディングの締めについては、あかね編的に丸く収めているわけではありませんが、むしろこのシナリオには、こういうまとめ方のほうが良いでしょう。Hシーンの入れ方がかなり無理入っているという印象があり、これが難ですが。

大原摩彌子編

 シナリオで読ませると言うよりは、ドツキ漫才的な印象があります。授業をさぼって喫茶店で…じゃなくて(^^;)屋上でひなたぼっことか、いろいろと自分の高校時代の恥ずかしい前科を思い出しながら楽しむことが出来ました。途中、何度かゲームオーバーに泣かされました(^^;)

桂美鈴編

 ひたすら淫靡な展開が待っております。パッケージの絵柄同様の内容。美鈴、および主人公の双方の独白になかなか毒が効いていて、エロ度満点です。音声がいちばん効果的に使われているともいえましょう。あかねシナリオなどとはまるっきり印象が違います(^^;) やはりキーワードは「パンスト」かな(核爆)

ゲームデザイン

 基本的に、5人のヒロインからなる、それぞれ完全に独立した別個の物語からなるアドベンチャーゲームです。各シナリオは冒頭の選択肢で単純に分岐し(ただし初回プレイで入れるシナリオは限定されています)、各シナリオ間の関連性はまったくありません。あるのは、舞台としての“地下鉄”だけ。一応、他シナリオでのヒロインがチョイ役として登場するケースはありますが、さほど重要な役割を演じているわけではありません。せいぜい、あかねシナリオでの摩彌子が、それなりに頑張っているぐらいでしょう。

 好感度などによるシナリオ分岐はなく、ただ選択肢によって、シナリオが分岐していくタイプです。一歩間違えるとバッドエンドというモノもあれば、初期の段階でフラグが立つというものもあり、けっこう大変です。おまけに、ゲームのプレイ中、プレイヤーが任意にセーブすることはできないので、オールクリアするのは意外と厄介。一回にかかるプレイ時間はさして長くないので、気楽に楽しむ分には悪くありませんが、完璧を期そうとすると非常に面倒です(^^;) この仕様はどう考えても誉められたモノではないので、今後は改善してほしいものです。

不具合・修正プログラム

 ゲームのCD-DA演奏が左側からしか聞こえなくなる、アンインストールすると、Melodyのほかのソフトが正常に動作しなくなることがある、といった不具合があります。これは、メロディのWebサイトにアップされている修正プログラムにて対処可能です。

 しかし、これとは別に、起動に異様に時間がかかります。これは仕様だそうで、じっと我慢するしかないそうな。ハードディスクにインストールするタイプのゲームだというのに、いったい何なんだか。

操作性など

 インストールオプションとして、「音声有り」「音声無し」から選択できます。マウス・キーボードの双方で操作可能ですが、キーボード操作では、かなり特殊な入力方法をするので、メインメニューの「必ず読んで」またはCD-ROM同梱のHTMLファイルを読んでおく必要があります。画面切り替えのたびに、「暗2闇」(この順序通り)の表示が出るので、最初はややうっとうしかったのですが、そのうちに慣れてきました。

 そして何よりも驚愕の事実は、セーブ機能がないことでしょう。私もいろいろとゲームをプレイしてきましたが、プレイヤーがセーブできないゲームというのは、これまで記憶にありません。シナリオの主要部分ごとにオートセーブされますが、選択肢の直後にオートセーブされたりするので、あまり使えません(^^;) このため、中途半端なゲームオーバーになってしまっても、その直前からやりなおすことができる可能性が高いのは問題です。おまけに、このセーブ(あるいは、見たCGなどの情報)データはレジストリに保存されるのも、ちょっと嫌なものがあります。

 CGモードには、「ギャラリー」という名称がついています。ヒロインごとにCG達成率が表示され、総合達成率も出ます。ただ、できるなら、サムネイル表示にしてほしかったところですが、ヒロインごとに、1枚ずつという形式になっています。また、BGMモードには「ホール」という名称がついており、BGM・効果音それぞれを聴くことができます。

サウンド

 BGMは、CD-DAで演奏されます。なかなかいい曲ですね。閉鎖された空間の妖しさを醸し出す、というよりは、むしろ透明感のある、ピュアな印象を受ける曲が耳に残ります。緊迫感のある曲はあまり印象に残らず、むしろ、効果音が非常に決まっていたと思います。

 音声あり。声優さんの演技はなかなかのものかと思いますが、シチュエーション的に、的確な演技をするのは相当に難しそうということもあってか、心なしか苦しそうな印象を受けました。

グラフィック

 複数の方がキャラ原画を担当されています。かなり幅がありますので一概にこうとは言えませんが、個人的には、まぁ悪くないな、という印象。あかねシナリオを担当されている宗方こちさんの原画が、やはり好きです。

 塗りには、でよ〜んとした、どことなく粘着質の雰囲気を感じます。あかねシナリオや摩彌子シナリオなど、もっとライトな方がいいと思うのですけれどね。『Melody』のように、竹を割ったような印象を受けるグラフィックの方が合っているでしょうに。

お気に入り

 キャラ別でなくシナリオ別で見れば、やはり、あかねシナリオでしょう。細部に立ち入るのは避けておきます。

関連リンク先

 成瀬せりあさんのページ(閉鎖)での論及が一番的確ですね。最終的にくだされている評価は非常にネガティブなもので、そこだけを見ると私とはかなり方向が違うように見えますが、このゲームの抱える問題点をすらりと出しているのがいい感じです。

総評

 バラエティに富んでいるとも、また玉石混淆とも言えるシナリオですが、完成度にバラつきがあるのが気にかかります。個人的には、ノベル的なあかね編、退廃的な美鈴編が際立ってしまい、ほかのシナリオがやや埋もれている印象があります。シナリオ分岐が中途半端になっている乃夢シナリオなど、演出面でも実にすぐれた面が多いだけに、やや割を食っているかな。ただ、ボリュームのあるシナリオを数多く、それもバランス良く揃えるというのは至難の業でしょう。こういったスタイルのゲームをまた出してほしいのですが、設定的には、『Melody』のように、徹底的に陽性のストーリーを用意してほしいな、というのが、個人的な希望だったりします。

 単独で見た場合の最終評価は、「独自性を求める姿勢は評価できるが、空回りした結果」というところに落ち着いています。

個人評価 ★★★★★ ★★☆☆☆
1999年8月30日
(11月18日、加筆・修正)
Mail to:Ken
[攻略ページへ] [レビューリストへ] [トップページへ]