プリズムハート ぱじゃまソフト

2000年10月6日発売
ご意見などは掲示板へどうぞ

 『プリズムハート』は、大野哲也さんが原画担当となっていることなどから、前評判はわりと高めだったものの、「ぱじゃまソフト」という新規ブランドであることと、やはり同氏が原画担当であった『めい・King』(にくきゅう)での無茶苦茶なゲームバランスとの双方のために、しばらくたってからゲームをプレイすることになりました。実際にプレイしてみると、ゲームバランスはまずまずよく、心配はひとまず杞憂に終わりました。ただ、メーカーが同じであるのなら、たぶん『めい・King2』というゲーム名になっていたのでは…というのは、考えすぎでしょうか?(^^;)

 なお、初回特典の懐中時計が、なかなか本格的な作りでいいですね。

シナリオ

 主人公・マイステル(変更不可)は、地方都市出身の前途ある騎士見習い(従騎士)で、騎士選抜大会を経て騎士に叙任されることを目指し上京する。彼が1年間の住まいとした風車亭という宿屋で、同じように騎士を目指す女の子・プリンセアをはじめ、さまざまな人物と出会いながら、その腕を磨いていく。1年後、彼は見事目的を達するのだろうか。

 

 シナリオ担当は、和泉時彦氏。

 宿に出入りしているのが全員女性という「都合のよさ」は、まぁこういうゲームの「お約束」なので、まずは目をつぶっておきましょうか(^^;)

 あまりにもベタベタというか、王道をそのまま絵に描いたような展開です。ヒロインであるプリンセアなどは、予想どおりに展開するシナリオに対して、かえって笑いがでてしまいましたし(^^;)、ほかのキャラについても、しかけが出た場合には、基本的にオチをどうつけるのかがかなりの程度推測可能でした。展開自体は非常にスムーズであるものの、「この先に何が起こるか」という期待を抱きながらプレイしたことはまったくありませんでした。したがって、シナリオ面では、意外さはもちろんのこと、特に感銘を受けることはほとんど期待しない方がよいと思います。あまりにも不自然な「アクシデント」が恋を深める契機になる、ということも少なかったため、むしろよかった、と感じたところです。

 かなりシリアスなものをラストに残すシナリオも確かにあったのですが、そのシナリオにおいても(どのシナリオかはプレイされた方ならおわかりでしょう)、「過程」部分がルーティン的に綴られているに過ぎず、メンタルな描写がかなり削られています。涙を誘うようなエンディングを目論んだのでしょうが、正直なところ、シナリオとしては力不足という表現が適当でしょう。やはり、コミカルさをベースとした「楽しくハッピー」な展開の方が、このゲームには合っています。

 このように、ストーリー的には大したものはないのですが、ほどほどの人数が揃ったキャラクターそれぞれが、きちんと描かれているという面に注目した方が、このゲームの「楽しさ」をよりきちんと説明できそうに思えます。どのキャラクターも、単に「ヒロインそのN」という存在ではなく、主人公に対して見せる表情(ビジュアル面だけでなく、態度そのほかすべてを含めて)の多様さがまことに楽しく、飽きません。

 

 ただ、主人公の行動を見た場合、シナリオによっては、一貫性がないどころか人格が分裂しているのではないか、とさえ思える場合もあったことを付け加えておく必要はありましょう。

 ヒロインに対して、特別な想いが生じ、それが行動へとつながっていく過程がかなり省かれているケースがありましたが、「それはちょっとないだろ」と思ったものです。18禁ゲームである以上、ある程度は致し方がないのかも知れませんが、もうちょっとていねいに「惹かれていく過程」を描いてもよかったのでは、と思います。

 もっとも、特筆すべき点もあります。それは、騎士になり故郷に錦を飾ろうと大望を抱いて上京した主人公が、なぜ「女を見たらデートに誘う」ことが必要なのか、というしごくまっとうな疑問が出てきた場合でも、「最初のウチはとにかく強くなろうとすること、そして、それから…」という展開になっているので、「18禁ゲームゆえの御都合主義」をかなり補ってくれること(逆に、「18禁ゲーマー」の本能のままにプレイすると、なかなか満足のいくエンディングには到達できないわけですが)。本分を全うすれば何も起こらない寂しいシナリオ、という「お定まりの展開」に対し、ささやかな「頑張り」を見せてくれた点は、充分に高く評価できると感じます。

 

 Hシーンについては、キャラにもよりますが、それほど濃いものではありません。進め方次第では5〜6回程度のシーンを1プレイで見ることが可能ですが、実際には1回もHシーンを見ないで到達できるエンディングもあります。

 また、事実上ギャグシナリオと呼べそうなエンディングもあります(^^;)

ゲームデザイン

 主人公であるマイステルを育成させつつ、イベントを発生させてシナリオを進めていくという、育成シミュレーションゲームです。

 オープニングパートでいくつかの選択肢が出て、この選択如何で初期パラメータが決まります…って、どっかで見たことのあるスタイルの出だしでありますね(^^;)

 ゲーム期間は1年間と、イベント・育成のバランスがよく取れた期間になっています。『めい・King』のように「長すぎる、いつまでたったら終わるんだぁ〜」と思うことはおそらくないでしょう。

 「剣術修行」「騎士道修行」「体力作り」「まったり(=何もしない)」の4つのメニューがあり、これらを適宜組み合わせてパラメータを調整していきます。平日は修行するのみですが、土・日は外出することも可能で、町中、および宿の中にいる他キャラに会いに行き、イベントを発生させることも可能です。

 パラメータは、「タフ〜」「はや〜い」「つよ〜い」「かしこ〜い」「ステキ〜」の5つがあり、いずれも最大値が999で、すべての値が500を超える段階になれば騎士叙勲となります。ターゲットとなるヒロインによって優先的に上げていくパラメータが異なりますし、パラメータがイベント発生の条件となっている場合が多いので、各キャラとも最初からプレイし直すのがいいでしょう。1プレイにかかる時間は2時間程度なので、リプレイもそれほどたいへんではないと思います。

 月末には「練習試合」が行われ、「ワイバーン・クラス」と「ペガサス・クラス」から選択可能です(「ワイバーン・クラス」の方がレベルが上なので、より強い騎士をめざす場合はこちらを狙うことになります)。練習試合の結果によって順位が変動し、まず8月末に開かれる前哨戦である程度のクラスに食い込み、最終的には12月末に開かれる本大会のトーナメントで戦うことになります。ベスト4に残れば、騎士として叙勲されることになります。

 この戦闘シーンで戦う相手は、ワイバーン、ペガサス両クラスでかなり違ってきますが、いずれもなにがしかの元ネタを持っているパロディキャラといってよいでしょう(ペガサスの最初の方では「エヴァ」関係の敵キャラが出てきますし)。私にはあまりピンとこない敵キャラが多かったのですが、最初にプレイしたのが2000年11月19日夜、まさに(森内閣に対する)内閣不信任案が出されていたときに「首相剣士」が「内閣総辞職いたします」というのを見たときには大爆笑させていただきましたヾ(^^;

 なお、町にいる占い師のアドバイスを受けていれば、そう大きくズレた展開になることはないでしょう。マメに通ってさえいれば、少なくともメイン5人のエンディングには到達できると思います。ただし、全CGを埋めるのはちょっと苦しいでしょうし、会話イベントなども含めて一回のプレイで全制覇するのは非常に困難なキャラもいます(カミナあたり、特に難しいでしょう)。

不具合・修正プログラム

 イーナとデートすると強制終了してしまうことがある、ある特定条件になるとイーナのデートイベントが約束なしに発生してしまうことがある、カミナと海に行ったときに波の音が止まらない、といった不具合があるそうです。これらを修正する差分ファイルがぱじゃまソフトのWebサイトにアップされています。

操作性など

 CD-ROM3枚組となっていて、うち2枚はインストール用、1枚がゲームプレイ用となっています。

 インストール後、画面をそのまま放置しておくと、自動的にオープニングが流れます。変わっているのは、このオープニングが2とおり(BGMも異なります)あることで、最初のオープニングが終わってもなおそのままにしておくと、次のオープニングが流れるという仕組みになっています。いずれのオープニングも、曲と画面表示とのタイミングがしっかり取れているのがいいですね。なお、この2番目のオープニング曲は、8月末に行われる前哨戦の終了直後に流れますが、これが「前半終了・後半突入」を示す、よいインパクトになっていたと感じます。

 基本的な操作はマウスで行いますが、キーボードでも一部のアクションが可能です。

 画像表示は、640×480とフルスクリーンとを切り替えることが可能で、基本的には全画面表示、下部に半透明のメッセージウィンドウが重なります。また、修行や戦闘といったシーンではちびキャラがアニメしますが、これらはオフにすることも可能です。

 メッセージ速度調整機能はありませんが、ツールバーの「メッセージスキップ」押下、またはキーボードの「Shift」キーあるいは「Ctrl」キー押下でメッセージスキップします。また、メッセージスキップ速度の調整も2段階で可能となっています。またおもしろいのは、ゲーム中のシチュエーションに応じてフォントが赤色やら黄色やらで書かれたり、文字が拡大表示されたりすること。文字表示それ自体が演出としてうまく働いています。

 セーブ&ロードは、自室でのスケジュール決定時にのみ、20個所まで可能で、セーブの際にはセーブ時の実日時とゲーム中の日時・曜日が記録されます。このほか、いろいろな操作一般に関しては、インストール先ディレクトリの「index.htm」ファイルに記載があるので、任意に参照可能です(スタートメニューにも登録され、ツールバーのメニューから呼び出すことも可能です)。

 トップメニューの「おまけ」を選択すると、「イベント鑑賞」「CG鑑賞」「BGM」「表情鑑賞」が出てきます。「イベント鑑賞」では、Hシーンを中心としたイベント鑑賞モードですが、見落としたシーンがあるのかどうかが今ひとつわかりませんし、「あのイベントは登録されないの?」と思うこともありました。「CG鑑賞」では、ヒロインごとに一枚絵CGがサムネイル表示されます。「BGM」では、曲名をクリックすることで各曲が再生されます。「表情鑑賞」では、各ヒロインの立ちCGでの表情変化が自動的に流れます(マウスをクリックするとヒロイン選択画面に戻ってしまいますのでご注意を)。ただし、この「表情鑑賞」はエンドレスなので、一陣したらマウスをクリックする必要があります。

 なお、ゲームディスク内の「$PROTECT.CD$」というファイル、「〜.LZH」とリネームして解凍すると、MP3ファイルが出現します。中身は…まぁ、聴いてみてのお楽しみ、ということで。

サウンド

 サウンド担当は、LeafやKeyを含め、秀逸なゲーム音楽で実績のある、OdiakeS氏です。

 BGMは、CD-DAで演奏されます。各シーンごと、各ヒロインごとのテーマ曲のほか、オープニング・エンディングにそれぞれヴォーカル曲2つずつ(つまり、合計4曲!)という豪勢さが圧巻です。BGMとしては、「Real Heart」(プリンセアのテーマ)と「氷の巫女」(カミナのテーマ)が、ヴォーカル曲の中では「Heart of Prism」(オープニングその2)がお気に入りです。アップテンポの曲から静かで落ち着いた雰囲気の曲まで、さまざまなヴァリエーションを上手に使っていると感じますが、さまざまなキャラが入り乱れると、そのたびにBGMが切り替わるのがやや気にかかりました。もっとも、個々の曲のレベルはかなり高いものと感じます。

 ゲーム中の効果音は、地味ながらもなかなかうまく使われていたと感じます。戦闘シーンで剣が鳴り合う音などもさることながら、メルの「ゲシッ」蹴りとか(^^;)

 音声は、主人公をのぞきフルボイスですが、男性・女性についてそれぞれオン・オフを切り替えることができます。まぁ「男性オン・女性オフ」という方はいないでしょうけれど(^^;) どのキャラに対しても声優さんの演技はかなり上手な部類に入ると思います。テキストがかなりキャラごとに特徴の強いものとなっているのに、それがきちんと演じ分けられています。メインヒロインであるプリンセアの音声がなかなかのものですが、ちょっと違った意味(謎)で、管理人さんのヴォイスが絶妙だと思います。

グラフィック

 本作をプロデュースされた大野哲也さんが原画担当です。ビー玉のように大きな目と、非常に複雑で装飾の多い髪型・服装が特徴です。イーナなど、いったい何を身に纏っているのか、立ちCGだけでは見当がつきません。コメートの触角リボンなど、なかなか「狙った」ようなデザインが割と多く、人を選びそうなグラフィックですが、パッケージと中身とが大きく違う、ということはないので、パッケ絵に抵抗がなければ問題ないでしょう。光線の使い方なども、非常にいいと思います。

 表情のバリエーションは非常に豊かで、特に慌てた時のコミカルな表情(泡を飛ばす、など)が、ほぼどのキャラに対しても見物といえます。さらに、コメートが困ったときに「フニャア」という文字がバックに出たり、漫画的な演出がさまざまに工夫されています。各ヒロインごとにどんな表情がゲーム中で見られるのか、それを確かめるつもりでプレイを進めていくと、それだけで楽しいと感じたものです。

 背景も、非常にきれいに思えますが、とにかくキャラを眺めているだけで飽きないので、それほど印象には残りませんでした。

お気に入り

 「脇役として」という限定つきで、エコーですね。あの不可解な行動と謎の言動、そして突拍子もない発想など、人間離れした異常なキャラクターぶりがなかなか楽しいです。

 「ヒロインとして」見た場合は…うーむ、困った。みんなかわいいんですよね(^^;) 条件がシビアなメインヒロインとしては珍しく嫌みさがないプリンセア、ドジなコメート、「お兄ちゃん☆」キャラのメル、一途なカミナ。強いて順位をつけようとすれば、カミナ>プリンセア>メル>コメート、という順になりますか。メイン級のヒロインが約1名欠けていますが(^^;)

関連リンク先

 roughboxさんのサイトで感想がアップされています。

総評

 シミュレーションゲームとしてみた場合、ゲームバランス自体はなかなかよいものの、パラメータの調整がかなり簡単であるうえ、実は戦闘よりもヒロイン攻略に重要な要素だったりするので、手応えはさほどありません。むしろ、キャラクターとのストーリーが進む中で、イベント発生のタイミングがなかなか上手に取られているので、パラメータ調整が「作業」化するという、この種のゲームでは宿命ともいえるマイナス点を、かなりの程度緩和している点を、まずは評価したいと思います。

 シナリオ自体には、何ら目新しさを感じることはありませんが、それを支えるキャラクターの表情が細かく描写されているので、彼女たちとの交歓こそが第一、と考えるのがいいでしょう。

 さらに、グラフィック、そしてサウンド(BGM・音声の両方)の両面で、かなりクオリティが高い(グラフィックはやや人を選びそうですけれど)ので、ひとまず「安心」できるゲームである、とはいえると思います。

 ひとまず、プレイして「楽しめた」ゲームであり、またプレイしたこと自体に満足できるゲームであった、それは間違いありません。特に心に残る「何か」があるわけではありませんが。「女の子がかわいくて楽しい」という点で、まずは充分に合格点と考えていいのではないか、そう受け止めております。

個人評価 ★★★★★ ★★☆☆☆
2000年11月24日
Mail to:Ken
[攻略ページへ] [レビューリストへ] [トップページへ]