Memories Off KID

2001年3月16日発売
ご意見などは掲示板へどうぞ

 このゲームを手に取ったきっかけはよくわかりませんが、私とは無縁のコンシューマーの方で話題になった作品ということで、特に何も考えることなしに買ったという程度のものだったと思います。そもそも、タイトルからして意味がわかりませんし(英語苦手だしぃ)パッケージにも華がありません。

 なお、私はこのゲームを中古で購入しましたが、一般店舗での販売は行われておらず、基本的には通販のみでの入手となっています。パッケが地味なのはむしろ当然ですか。

※このゲームは、年齢制限のない一般ゲームです。

シナリオ

 私立澄空学園に通う高校2年生・三上智也(変更不可)は、会うことのできない元恋人の彩花のことを今でも気にかけつつ、元気な幼なじみや親友たちと、ごく平凡な日常生活を送っていた。しかし、ある秋の日に、再び彼は、切なく、かけがえのない想いを経験することになる。

 

 シナリオ担当は「打越鋼太郎」「高林信仁」「佐々木智宏」「Brain Busters」「安部理一郎」「日暮俊彦」各氏。

 各ヒロインごとで担当するシナリオライターが異なっているのかどうかわかりませんが、各シナリオ間のムラが大きすぎ、統一的な物語をなすに至っていません。メインに据えられていると見える唯笑シナリオでの過剰さと、彩花との関係上2番手に位置してしかるべきみなもシナリオでの簡素さ(キーイベントのみ出して後をプレイヤーに委ねる)とのアンバランスさは、このゲームシナリオをトータルで評価することを著しく困難にしています。

 その中から統一できる点を出せば、主人公、ヒロインともに心の傷を負っており、2人が友達づきあいをしていく過程でその傷と直面することになる、ということになるでしょうか。いうなれば、『ONE』(Tactics)から観念的な世界をはぎ取り、現実世界に立脚しつつ心理面のレベルで話を組み立てている、ともいえましょう。あるいは、プロットが登場人物の心の傷と逐一対応しているために、より現実的なものとして浮かび上がっている、と評することもできそうです。

 しかし、実際に心理的なレベルで2人の関係を合理化していくシナリオの場合、概してルサンチマンの克服といった「大目標」に向かって邁進するのみというケースが多くなっています。「絆を修復しようとして主体的に行動する度胸が賛美される」といった展開なら嫌すぎですし、かといって「不安・自責・疑念のために完全に受動的になる」という展開もまた嫌なものです。しかし、このゲームのシナリオの中には、そういう手法を取らず、心の傷を「自分で」「相手をも巻き込みながら」受け止めていく過程をナチュラルに描き、あるいは、一方通行で絶対に収束させることのできない傷のベクトルを淡々と見せる、というものもあります。傷を舐め合いつつ「これで癒されて、そして乗り越えて、2人仲良くハッピーだ」という方法を頑として受け入れていないシナリオが入っているのは、この作品の特色の1つでしょう。

 まぁ、語るほどのものはない、というシナリオが多いという点を差し引く必要はあるでしょうが、単なる『ONE』の亜流に留まっていない点は間違いないと思います。もっとも、トゥルーシナリオというべき唯笑シナリオについていえば、メロドラマ的な展開といってしまってよさそうな水準なので、総体として高い評価をすることにはためらいをおぼえますが。

 

 一人称で語られる主人公の独白にしても、あるいは暗さの欠片もない日常会話にしても、かなり饒舌でテンポが削がれていると感じたところがありましたが、これは許容範囲か。むしろ、各話の内容がそれ以降の伏線としてきちんといかされている(ただ単にネタの継承をしただけというケースも多いのですが)場合が多かった点は特筆できますね。会話を単なる一発芸に終わらせていないのは珍しいと思います。一方で、話のつなぎ方自体に脈絡があまりなく、あっちへ飛びこっちへ飛びとなっていますが、断片的な言葉がまず出てそれをフォローする形での叙述となっているために、むしろ「欠落した会話」を行っているキャラクターが「いる」ことを確認させるという効果をもたらしていると感じます。

 しかし、逆の視点で見れば、言葉足らずであるとか、あるいは(特に主人公の)考え方のプロセスに同調できないということは当然でてくるでしょうけれど、そこに注目してしまった場合、おそらくこれらのシナリオを「うまいもの」と感じることはできないでしょうね。いわば、もどかしさを「演じている」キャラクターそのものを曝すように見せているという手法ですが、はたしてどこまで一般的に受け入れられているやら、私にはよくわかりません。

 

 あと、ときおり日本語として違和感を抱かせるような、妙な表現方法(文法的に間違ってはいないけれどフィーリングとして変)が散見されます。某ヒロインが紹介されるところで「世界的に有名な遺跡発掘家なんだよ」「確か、日本人としては驚異的な発掘率を誇る天才とか」遺跡発掘家、なんていうと、山師のようなイメージになってしまいますし、その後に「驚異的な発掘率」と続くだけでマユツバ度3倍増しです。このシナリオが書かれたのは某捏造事件前のことだったとはいえ、それでも「胡散臭い雰囲気を漂わせる」文体になっているはずなのですが、そういうニュアンスはこのキャラとは関係ありません(そもそもそういうキャラはでてきません)。どうも、言葉の使い方に無神経さがあちこちうかがえたように思えます。

ゲームデザイン

 各ヒロインごとに好感度の上がる選択を行ってルートに入り、決定的となるイベントを通過してエンディングに至るタイプのアドベンチャーゲームです。好感度の上下は、選択肢でヒント機能を表示させれば簡単にわかるので、エンディング到達は容易です。ただし、一部バッドエンドに行かないと見られないイベントやCGもあるので、これだけに頼っているといつまでたってもコンプリートは無理ですが。

 また、「おまけ」の中から、「ピュア」という、主人公が中学生のときのアナザーストーリーが用意されています。こちらはエンディングが2つに分かれますが、うち一方はその後の展開を否定するようなエンディングになっているので、見ても「なんだかなぁ」といった印象しかありませんでした。

不具合・修正ファイル

 私の環境では、特に不具合などは発生していません。

操作性など

 対応OSはWindows95/98/Me/2000ですが、WindowsXPでも問題なく動きました。

 CD-ROM2枚組で、インストールの際に必要なHDD容量は、約270〜950MBほどになります。プレイの際にはCD-ROMは必須ではありませんが、CD-ROMがない場合、フルインストールでもBGMが鳴りません。

 ゲーム操作は、マウス・キーボードのいずれも可能です。

 画面は、800×600表示とフルスクリーンとを切り替え可能です。画面を右クリックすることで「システムメニュー(セーブ・ロード・設定)」「次の選択肢までスキップ(未読・既読の区別なし)」「メッセージ消去」「ヒントSD表示(好感度の上下をSDキャラが表示)」「画面モード・フォント変更」「タイトルに戻る」が可能です。なぜセーブ・ロードがワンクリックで呼び出し可能でないのか、ちょっと理解に苦しみますが、おおむね操作しやすい設計になっています。

 メッセージ速度表示の切り替えはありません。読み返し機能は「PageUp」キーで可能です。

 セーブ・ロードは任意の位置で100個所まで可能となっており、各セーブポイントにはどのキャラを狙っている(笑)ときのデータかを記録するキャラ別のスタンプを残すことができ、またプレイ中のシーン名称、ゲーム中の日付、プレイ時の実日時が記録されます。

 イベントCGの閲覧モードは、各ヒロインごとにサムネイル表示されます。

サウンド

 BGMは、CD-DAで再生されます。個別の曲自体はまずまずですが、シチュエーションと合っていないというのか、選曲がどうにもヘンなところがありました。

 主要キャラは男女ともに音声ありです。声の特色の出し方が独特であり、キャラごとの区別が音声のためにかえってつきにくくなっている気がしましたが、彩花以外はまずまずですね。

グラフィック

 原画担当は「ささきむつみ」氏。パッケージを見たとおりの絵柄ですが、キャラごとの区別が不明確なのが残念。髪型を同じにすれば、タレ目系とツリ目系以上の区別がつかなくなりそうです。あと、線がやたらとクッキリ出過ぎているのがなんとも。

 シーンによっては、立ちグラがかなり大きく表示されることもありますが、ちょっとアップの度が過ぎる、と思ったところもありました。ただし、背景は「いまどきこの程度?」というレベルです。キャラが背景から完全に浮かび上がってしまい、あたかも屏風をバックに立っているように見えてしまいます。ただ、色の使い方はよかったですね。渋めというか、明るさをかなりおさえてくすんだ感じにしているため、浮かれた雰囲気を抑制しています。

お気に入り

 キャラでは、転校生の音羽かおるですね。スッキリしたいいコだし、こんな娘が同級生だったら楽しかっただろうな、と素直に思います。極端なデフォルメをいっさい排しているので、萌え度は一般的には低いのかもしれませんけれど。また、他のゲームと違って「ヒロインが主人公に気があるのが明々白々」というわけではないギリギリのラインを保って描写している点もよし。

 2番手にくるのがみなもちゃん。あとはどうでもいいやヾ(^^;

 シーンでは、おちばみのシーンが一番いいかな。かおると互いに名前で呼び合うシーンもいいです。

関連リンク先

 いずれもコンシューマー版ですが、USGさん(閉鎖)、麦星さん(更新終了)のサイトにレビューがあります。私はコンシューマーゲームのレビューサイトまではチェックしていないのでわかりませんが、まだほかにもあれこれ書いているサイトは多そうですね。

総評

 玉石混淆とでもいえるシナリオ群ですが、「作られた」切なさに食傷気味の場合、ふとかいま見える鋭さにはうならされました。もっとも、私が評価に値すると考えたのはかおる・みなも両シナリオだけで、あとはあまり気にとめていない(^^;)くらいなので、完成度の高い作品を求めると、肩すかしを食うと思います。個別のキャラ自体はそれなりに出せていると思う(小夜見さんはともかく(^^;)ので、萌えられればそれなりに楽しめるかもしれませんが、ストーリーそのものに興味がなければ萌えることもなさそうな感じですし、いったいどういう人に勧められるものやら。

 上手いシナリオがあるのは確かですが、複数ライターによる共同制作のツケでしょうか、シナリオ間の格差があまりにも大きいのが、何よりも最大の問題点でしょう。よくてきているところがあるのは確かなのですが。

 余談ながら、このゲーム、中国や台湾でもリリースされたそうですが、「おちばみ」なんて、どう訳したのでしょうかね。

個人評価 ★★★★★ ★★☆☆☆
2001年12月9日
Mail to:Ken
[レビューリストへ] [トップページへ]