ツクヨミ 〜稀人の唄〜 jANIS/ivory

2001年10月5日発売
ご意見などは掲示板へどうぞ

 やや暗めのバックに憂い顔を見せる女の子たち、というデザインに気を引かれるというゲームは割と多いものですが、このゲームは、サブタイトルに日本的な雰囲気を連想させるものでした。この種のゲームといえば、大仰な設定をもてあましたあげく、月並みなエンディングがずらっと出ておしまいというパターンが多いだけに、当初は手を出すのを控えていましたが、良くも悪くもあまり情報が入ってこないこともあって、突撃を敢行しました。

 ジャニス系ゲームに突っ込んだのは久方ぶりのことですが、このゲームは大きなバグもありませんでした、ということをまず最初に書いておくべきでしょうか(^^;

シナリオ・ゲームデザイン

 主人公・相馬駿介(変更不可)は、全寮制の学園に通っていたが、学園が新興宗教・天道宗に買収されたことを契機に、その環境は大きく変わった。それと期を同じくして、彼の右目は赤く輝き始める。それは「羅神眼」とよばれ、それによって駿介は現実世界と夢の世界とを行き来することができるようになった。彼が見つける世界とは、いったいどのようなものなのか。

 

 シナリオ担当は「SHARED」氏。

 このゲームでは、シナリオとゲームデザインとをまとめて記します。

 

 学園内で、マップ移動画面上の女の子(チップキャラが表示されます)を追いかけてイベントを発生させ、好感度を高めていきます。中途に選択肢が出ることもありますが、よほど変なものを意識的に選ばないかぎり問題はないでしょう。またこれとあわせて、夜の「まどろみ常世」でのイベントも発生させることもあります。「まどろみ常世」に行くには霊気を消費するために回数制限がありますが、キャラクターによってはそもそも「まどろみ常世」でのイベントが皆無という者もいます。

 

 まず、「日常」と「常世(超常世界)」という2つの世界を作り、日常世界における不思議な現象と「超常世界」における経験とをリンクさせ、最終的に日常世界の中で何らかの決着をつける、という形に収まるのが自然であるのでしょうが、どうにも設定をいかしきれていない、という印象です。描写が「日常での恋愛」と「超常世界」との両極に走ってしまい、片方が無視ないしは極端に軽視されているように思えます。

 具体的には、エンディング対象ヒロイン6人ごとに見た場合、この両世界それぞれの描写がキチンと出ており、不思議なことに対する何らかの回答を(部分的にであれ)出しているのは、美夏と隠しキャラのシナリオの2つのみです。某シナリオでは不思議世界に関する叙述があるものの「超常世界」の関与がなく、別の2シナリオでは「超常世界」が単なる「主人公とヒロインとの関係を再認識する舞台」に留まってしまい、某シナリオに至ってはどちらとも無関係というありさまです。

 大まかな設定を出しておきながら、各ヒロインごとのシナリオをまとめきれないまま、時間切れで出してしまったというのが実情ではないでしょうか。これは、某エンディングを迎えると、あからさまに「傍系エンディングが用意されていたはずなのに没った某キャラのCG」を見ることになることからもうかがえます。

 こういうことから、香澄・ジュディ・朋をまず先にクリアし、ついで蛍→美夏→隠しキャラという順でクリアするのがいいでしょう。

 

 日常パートだけを取ってみた場合、キャラクターはいずれもみなきちんと立っており、なかなかよいと思います。口調による個性表現も嫌みにならない程度にうまくまとまっていますし、主人公を軸としての争奪戦やら茶化し合いやらといったイベントはなかなか楽しかったですね。ただ、萌えゲーとして見た場合、クライマックスというべきところでの決めてとなるイベントがどうしても弱く(きちんとしていたのは美夏ぐらい)終盤での流れが平坦であったのは残念。

 また、日常パートに共通して出てくる怪奇現象の類も、多くのシナリオではそれらが単独で解決されることがなく、美夏や隠しシナリオを見るまでは意味不明のまま流れていくことになっています。結局、恋愛パートと超常パートとの線引きが曖昧で、どちらに軸足が置かれているのか、エンディングを迎えるまでまったくわかりませんでした。

 

 超常世界パートについては、美夏と隠しキャラではまずいいとして、それ以外のキャラの場合、設定がやたらと安易に使われています。降ってわいたように現れた新興宗教団体、それと呼応するかのような身体の変化といったものを最初に出しておきながら、その「力」を使って行われるのが、ヒロインとの絆の確認というのは、ノコギリを使ってエンピツを削るがごとき不釣り合いな展開です。回数制限を伴う異世界との往来というゲームデザインは、単純追っかけパターン以上のものを出そうとしたのでしょうが、これでは「凝ったモノを出してみました」以上の意味はないと思います。

 アラガミだのオロチだのを題材とした神話については、私もこの方面に疎いのでよくわかりませんが、安易にラスボスを倒して「俺様がヒーローだ」といった形で締めなかったのはマルでしょう。ただし、日常世界でのほのぼの感は、多くのシナリオで終盤まで継続するので、シナリオが進行するほどに、日常・超常両世界でのギャップが増ばかりでした。あちらではせっぱ詰まっているのにこちらではのほほんな毎日、というのは、興を削ぎます。

 

 さらに、思わせぶりに出された伏線が消化されておらず、単にほったらかしにされている個所が多いのは問題です。理事長を筆頭とした宗教団体の目論見、神楽の存在、蛍と美夏との接点の有無、そのほか、気にしだしたら眠れなくなるような「説明省略箇所」が多いわ多いわ。いや気にしなければそれで済むんですけどね(^^;

 また、「移動後の購買部が臨時休業なのに、その後の強制イベントが購買部で発生する」など、イベント相互間の整合性が取れていないところが多いこと、ずいぶんと誤字が目に付くことといったマイナス面もあります。後者は、ライターの文章力ではなく、要するに校正をまったくといっていいほど行っていない証拠なのでは。

 

 キャラクターは、幼なじみ、ロリで人なつこい後輩、無口で病弱だが芯が強い転校生、そのほか、定番的なパターンが並んでいます。ただし、キャラごとに癖の出し方には濃淡があります。特に巫女さんスキーな方は絶対に期待しないでください(笑)。

不具合・修正ファイル

 私の環境では、イベントの不整合が発生していますが、強制終了や動作不安定といったことは起こっていません。

操作性など

 対応OSは、Windows95/98/Me/2000ですが、WindowsXPでも問題なく動きます。

 CD-ROM2枚組で、初回版には原画集が同梱されていました。もっとも「設定」に関しては何も書かれていませんが(^^;

 インストールの際に必要なHDD容量は、470〜1150MBです。フルインストールすると、起動の際にCD-ROMが不要となります。

 ゲーム操作はマウスが基本ですが、移動選択画面以外ではキーボード入力も可能です。メニューバーの「設定」で、サウンドやメッセージ表示速度設定、右クリック割り当てなどのコンフィグメニューが表示されます。解像度を高くしても反応が大幅に落ちることもなく、まず快適にプレイできると思います。スキップが多少遅くなるぐらいでしょう。

 画面は、ベースとなる解像度が800×600と1024×768で(インストールの際に選択可能です)さらに環境に応じて変更が可能、フルスクリーンにすることもできます。画面右下に半透明のメッセージウィンドウが表示され、クイックセーブ・メッセージ読み返し・メッセージスキップなどのボタンも表示されています。

 テキスト表示速度は比較的細かく設定できます。メッセージスキップは既読のみで、メッセージウィンドウ右側にあるボタン、あるいは「Ctrl」+「Q」でスキップ可能です。また、マウスのホイールを回転させることでテキストの読み返しが可能です。自動メッセージ進行モードも装備されています。

 セーブ・ロードは任意の位置で30個所まで可能で、セーブしたシーンのビジュアルが縮小表示されて記録されます。

 CGモード・回想モード・BGMモードがあります。CGモードは、各キャラクターごとにサムネイル表示されます。BGMモードでは、曲名が表示され、選択することでBGMが演奏されます。

サウンド

 音楽は、「candy store」の担当。すべてPCMで演奏されます。各シーンの背景に隠れるような静かな感じの曲が多いですね。特に印象に残るものではありませんでしたが。

 音声は、女性のみフルボイスです。複数キャラ同士がやりとりするシーンでの掛け合いはなかなかうまかった。特に、朋のマシンガントーク(笑)は、声つきだからこその魅力でしょうね。

グラフィック

 キャラ原画担当は、「仁之丞」氏。ずいぶんと幼げなキャラクターが特徴ですね。ジュディと朋など、服と髪を同じにすれば見分けがつかないような気もします。ちょっと困ったような表情がよろしい。ただ、朋などは絶対に髪を解いた方がかわいいと思うんだけれど。

 塗りはまずきれいではありますが、あまりメリハリがないようにも思えます。

お気に入り

 キャラの中では、美夏がいいですね。クールに見えながら時折ボソッと漏らす語り口がなかなかよろしい。あと、兄貴がなかなかいい味出しています。

 シーンでは、「枕を抱えた蛍」でしょうか。家族に見られたらバッグ片手に家を出たくなるようなグラフィックでありますけれど(^^; どことなく目が離せなくなって。

関連リンク先

 Kijiさんのサイトで取り上げられています。

総評

 各シナリオ間のボリューム格差の大きさ、さらにポップ部分とシリアス部分とのギャップといった問題がどうしても残ります。キャラは確かに立っていますしそれなりに萌えることはできるでしょうが、どちらかというと気楽に笑える程度のイベントの方が印象に残りやすかったのもまた確かです。

 シナリオが未完成のまま出されてしまったゲームと思われるので、ある程度個別に判断して良いと思えればそれでいいのでしょうが、私にはこれをもって良作と見なすことはできません。広げた風呂敷は畳まないと格好つきませんし、風呂敷の上にカーペットを敷いて隠してしまうような手法を取られても、額面通り楽しむことはできないでしょう。

個人評価 ★★★★★ ☆☆☆☆☆
2001年12月9日
Mail to:Ken
[レビューリストへ] [トップページへ]