Wing&Wind Clear

2001年3月16日発売
ご意見などは掲示板へどうぞ

 ヒロインが不老不死という設定のゲームはこれまでもいくつかありましたが、このゲームの場合、最初からそのネタが公式サイトのゲーム紹介などで堂々と明かされていたという点で、異色のものです。事前に重要な設定をネタばらししてくる以上、ちょっとひねった扱いになるのだろうか、などと思ったり。

 前作『Moon Light』で見られた、わりと落ち着けるタイプのゲームシナリオに期待しながらも、設定を使いこなすという点ではかなりの不安を抱いていたため、発売から少したって購入、そして意地になって自力攻略を重ねてドツボにはまったという、ある意味ではお約束の展開を踏むことと相成りました。

 ところで、スタッフロールに「ねこねこソフト」って出てくるんですけれど、なにかつながりがあるのでしょうか。

シナリオ

 主人公・根戸俊介(変更可能)は、東京で一人暮らしをしている大学生だが、従妹からの誘いを受け、3年ぶりに故郷に戻る。村を離れる前に両親を事故で失っていた彼は、久々の村で、不思議な女性と出会うことになる。そして、彼女の運命に触れていくことになる。

 

 シナリオ担当は「秋津環」氏。前作『Moon Light』と同じ方です。

 『Wing&Wind』という思わせぶりなタイトルといい、雰囲気とフィーリングとで話の流れをまず作る、そんな感じのシナリオになっていますが、全体に流れる「淡々とした"軽さ"」が、このシナリオを大きく覆っています。

 

 まず、不老不死という「重い」設定でありながら、ずいぶんと登場人物たちの扱い方が軽くなっており、ことにキーパーソンである紗夜自らが「ただ、死なないだけ」と言い切っているように、逃れられない「運命」の当事者となってしまった人間が、どのようにそれを「受け入れる」か、に焦点が当てられています。

 当然、「受け入れる」以上、悩みや葛藤といったものを乗り越えているということになりますが、その「乗り越え」に関する描写が見事に欠落しており、「それでもかまわない」という問答無用の理由のみでくっついてしまいます。

 結局、不老不死という設定が、単純に「恋愛過程におけるの障害の1つ」以上にはなっていません。

 

 また、主人公の主体的な関与が、中途半端に終わっている点も指摘できます。誰も望むはずもない「運命」に直面するキャラクターはあくまでもヒロインであり、主人公はその「事態」に対しては、一介の傍観者にすぎません。

 そんな主人公の視点を通しているため、ヒロインに対する視線は、ラブコメの延長に近い形での「恋愛の対象」であるに過ぎないものとなっています。恋心を抱いた相手が特殊な立場にある、ないしは深く関わらされているというに過ぎないわけです。これもまた、「不老不死」という運命自体が、ずいぶん軽く扱われていると感じられる原因となっています。

 主人公が「単なる無責任野郎」に留まっていないのは、主人公が事故で両親を失くしているという経歴を持っており、それゆえに浮いた存在になることを免れているにすぎません。その事故自体が「不老不死」と間接的に関係してはいるものの、もともと単に「遊びに来た」主人公が、しかも「傍観者として」関わるため、切迫感もなにもありません。主人公の行動には特に高揚感も不快感もありませんでしたが、逆にいえば引き込まれるような要素は最初からなく、不可思議な出来事を眺めるままに終わってしまいました。

 かといって、傍観者であるはずの主人公は、当事者にはなり得ないがゆえのもどかしさを覚えるはずなのに、そういった点についても不十分なものです。序盤だけならともかく、後半に入っても言動や行動におちゃらけぶりを出すのも、悲壮感をまぎらわせることで逆にそれを拡大するわけでもなく、あるいは主人公の無力感を大きくするわけでもなく、単にその場の雰囲気をなごませるもの以上にはなっていません。深刻になれというわけではないのですが、設定が重いわりに、「重さ」に苦しむ表情を見る機会があまりにも少ないのは、誉められたことではないでしょう。

 

 舞台となっている「田舎」についても、描写が薄っぺらである点は否めません。伝説によってその集落がどのような「因習」に縛られているのか、また事故の影響を、具体的に名前付きでは登場しない村人たちがどのように受けているのか、そういった描写が皆無であり、世界が「主人公とヒロインズ」によって構成されているかのように思えてなりません。若菜の母親である未雪以外の攻略対象キャラがゼロ(若菜の名無し友人が3名いますけど…)ということも相まって、背景に深みがなく、上滑り感を助長しています。

 

 それぞれの性格づけなどがきちんとされているので、個別のキャラはしっかりしています。しかし、幼なじみの霞を筆頭に、行動や言動がかなりパターン化しているうえ、それが個別のシナリオに入ってもずっと続くために、かえって各キャラに対する萌え度は下がっているように思えます。メインヒロインであるはずの紗夜にしても、彼女のシナリオにおいてはさほど印象に残っていないのに、他のキャラ(特に梢)での「脇役として」の活躍の方がはるかに印象的です。

 これは、主人公の目で見れば、事実上ストレートな恋愛ものであるにも関わらず、ヒロイン側に重い設定が課せられているため、関係がどうしてもアンバランスになっている以上仕方がないのでしょうが、これでは盛り上がりに欠けるのも致し方ないでしょう。

 

 テキストについては、ボケとツッコミとの連係をひたすら繰り返すというパターンが続きます。個別の話し方などは個人的には好きなパターンなのですが、調子がいつまでたっても変わらないので、各ストーリーを最後までやり終えるころには、いい加減飽きがきました。また、説明調が多かったこともあって、ダレやすいですね。

 

 Hシーンの描写も、どうにも今ひとつでしたね。個別のシーンはわりと長いのですけれど、どうにも印象に残りませんでした。

ゲームデザイン

 選択肢によって展開が変化するタイプのアドベンチャーゲームです。攻略可能なキャラクターは4人です。

 前作『Moon Light』と似たデザインとなっており、適切な選択肢を選ぶことで各ヒロインごとのルートが決まる前半パートと、正解選択肢を選んでハッピーエンドを目指す後半パートとにわかれています。前半パートの展開には、若干のバリエーションはあるものの、比較的似通った展開となっています。前半で誰とのフラグも立たなかった場合は、汎用バッドエンドとなります。

 異様に不親切な選択肢などは特にありませんが、選択直後の展開の変化が小さく、また不正解選択肢を選んだ場合でも、しばらくはそのことに気がつかずに話が続くこともあって、どれを選んだ結果失敗したのかがわかりにくくなっています。またダミー選択肢とそうでないものの区別がつきにくいこともあって、的確に最後まで進めるのはなかなか大変です。難易度は「やや難」といったところでしょう。

 ただし、各選択による小分岐ごとの整合性はあまり取れておらず、最初に「しなかった」はずの出来事が後には「した」ことになっているケースなどがありました。さすがに正解ルートを素直にたどる場合はこういうことはなかったのですが、バッドエンドも必ずしも悪くはないと思うので、これは止めて欲しかったところ。

 前作『Moon Light』同様、全エンディング(バッドエンドのパターン含む)を見ると、タイトル文字部分に小さい変化があります。

不具合・修正ファイル

 いろいろと細かい不具合があるようで、誤字脱字などを修正したファイルがClearのサイトにアップされています。それでも誤字はちらほらありましたけれど。特に選択画面での誤字は白けました(^^;

 なお、修正ファイルは自動解凍式になっていますが、私の環境では、ゲームのインストール先に直接上書きしようとするとうまくいきませんでした。この場合、任意のフォルダにいったん解凍したのち、インストール先に上書きコピーすれば大丈夫です。

操作性など

 対応OSはWindows95/98/Me/2000ですが、WindowsXPでも問題なく動作します。

 CD-ROM2枚組で、インストールの際には画面表示を640×480と800×600とから選択できます。私は640×480だけで十分でしたが。両対応でインストールすると750MB以上を食いますが、音声なし・CD-DAでのBGM再生・アニメーションなしというゲームでこれは反則のような気が。

 画面はフルスクリーンとウィンドウ表示とを切り替え可能で、グラフィックが全画面表示、左上部に日付表示(イベントシーンでは消えます)、下部に半透明のメッセージウィンドウが表示されます。メニューバーからは、セーブ・ロード・画面切り替え・オートプレイ・スキップなどを選択でき、これらはキーボードで操作することもできます。メッセージ読み返し機能もありますが、ボタンが小さいのでちょっと使いにくいですね。基本的にプレイするにはストレスをほとんど感じることはないと思います。また、タイトルメニューに戻ることも可能です。

 スキップは基本的に既読スキップですが、「Ctrl」キーで未読テキストもスキップ可能です。既読・未読は各シナリオフラグごとに行われているようなので、そっくりそのままのテキストであっても直前の選択次第で未読扱いされることも多かったので、適宜使い分けると快適にプレイできます。メッセージ速度表示切り替えや文字設定変更なども充実しており、テキストを「読ませる」ことへの配慮はうかがえます。

 また、キーボード操作だけでも大半の操作は可能となっています。

 セーブ&ロードは、任意の場所で25個所まで可能です。プレイ実日時・ゲーム中の日時のほか、シーンの縮小表示も記録されるので、後にロードしやすくなっているのは良いですね。もっとも、1つセーブするごとにHDDを503KBほど食うという面も無視はできませんが。

 ハッピーエンドではスタッフロールが流れますが、これは右クリックでスキップ可能です。

 ゲームを一回クリアすると「おまけ」に入ることができ、音楽鑑賞・画像鑑賞・回想の各モードが出ます。CGモードは、各ヒロインごとにサムネイル表示されます。BGMモードでは、各曲番号にマウスカーソルをあわせると曲名が出るというスタイルになっていますが、最初から曲名リスト方式にしてくれた方がありがたかったですね。

 なお、Music Disc内の「staff」フォルダに、各スタッフが書いたコメントがテキストファイルで収録されています。

サウンド

 サウンド担当は「Clapscrap」「よっぴ」「梶恵司」氏。

 ボーカル曲が2曲あります(Vo.:佐藤裕美氏)が、大して気にかかるものでもありませんでした。

 BGMはCD-DAで再生されます。割と淡々とした曲が多かったようですが、動きの少ない田舎でまったりしているさまを出すのに向いていたようではありますね。もっとも、クライマックスでかかっていた曲が全然耳に残っていないのは、これはこれで問題ありかな。音程が乱れていると感じた曲もあったりなかったり。個人的には「pastral」が割と好きです。

 音声はありません。あまり音声つきに向いている感じのテキストではない(かなりワンセンテンスが長い、不自然な吃音などが多い)ので、これはこれでよかったかと。

グラフィック

 原画担当は「KEG」氏。キャラデザは比較的万人向けというか、おとなしめの感じですね。表情のバリエーションは割とあるのですが、涙目とか大汗(笑)などに頼っている印象が強いのは困りもの。霞など、感極まったシーンでも腰に手を当てて胸を反らしていますが、違和感がかなり強いですね。

 CGの塗りは割とていねいで、つややかな感じをうまく出しています。背景もきれいかつシンプルです。ただ、夕方(それまでの通常シーンでは夕焼けの背景)に発生するイベントの背景が青空だったりして、ちょっと困ったところもありました。

お気に入り

 若菜の母親である未雪さんですね。『恋姫』のばあちゃんと『Kanon』の秋子さんとを足して2で割ったようなキャラ、といえばいいでしょうか。ただし攻略はできませんので期待しないように(^^;

 食堂のマスターも怪しげな設定があったみたいですが、前作のコンビニ店長とは違って本人が出てこなかったので不発なのは残念。

関連リンク先

 SHEOさんのサイトにレビューがアップされていますが、基本的に私がいってることと似たようなものなので、こちらを見れば私のレビューはいらんような気も(^^;;; あえて比較する点といえば、完全に自力でクリアした私も似たような印象だった、という程度でしょうか。

総評

 パッケージ自体がかなり地味であり、わりとキツめな設定とのバランスをどう取っているのかと期待しましたが、設定自体は実は大してキツいものとは扱われておらず、むしろ淡々と進む観があります。これはこれで悪くはないのですが、当然抱いてしかるべき期待を、よくない方面に裏切ってくれた面は否定できません。

 大仰な設定を軽やかに使った、といえなくもないのですが、「軽い」面のみが浮き上がってしまっている感じです。もう少し「深みのある描写」をうまく使ってくれれば評価も変わったとは思いますが、雰囲気の良さを味わう以上のゲームにはなっていないと見るのが妥当でしょう。

個人評価 ★★★★★ ★☆☆☆☆
2001年10月7日
Mail to:Ken
[攻略ページへ] [レビューリストへ] [トップページへ]