2000年6月の「戯れ言」


前の月へ 次の月へ

6月30日(金)

 三宅島の影響でしょうか、ゆらりゆらりと地震が多く、なんだか落ち着きません。
 さて、昨日ボロクソに書いた『エレンシア戦記』ですが、おまけについている壁紙がなかなか楽しくてよろしおます。相変わらずCD-ROMドライブは使えない状態なのですけれど、ハードディスクにあらかじめコピーしておいたので、これを見て目を和ませていたりします。ちびキャラづくりでは、ego!の右に出るメーカーはいないのでは? もっとも、このちびキャラたちが元気になるのは、育成モードで「誰に会いに行くか」を選択する画面なので、ゲーム中には全体を一度に見るシーンがないのが残念ではありますが。


6月29日(木)

 掲示板の方にも書いたのですが、CD-ROMドライブの具合が急に悪くなり、そもそも電源が通じないというシャレにならない事態になっています。最大40倍速と、まだヘタるには速すぎるのですが、いったいどうしたことか。それまでも、ときどきアクセスのタイミングがおかしくなったりすることが時々はあったものの、こうなってしまってはもはやゲームを楽しむことなど不可能です。
 最近やり込んでいた『D+VINE[LUV]』や『聖魔大戦』(一般版)など、CDチェックのあるゲームは、軒並みストップをかけられることとなり、チェックがないものでも、『キャッスルファンタジア聖魔大戦』(18禁版)などのようにCD-DAでBGMが演奏されるものは無音となってしまい、味気ないことこの上ありません。このため、「BGMがCD-DAではなく、かつフルインストールしてあるもの」のみをプレイできることとなりました。こういった条件をすべて満たすものとしてプレイしたのが、『キャッスルファンタジアエレンシア戦記』(Studio e.go!)。『聖魔大戦』が個人的にお気に入りゲームとなっているだけに、デボスズメが加わったキャッスルファンタジアシリーズやいかに、と思ってプレイしたのですが、前作との関係は皆無のようで、固有名詞などで「見たことのあるもの」は今のところまったくありません。

 さて、当然のように、最初はスズメ娘(^^;)テルル狙いでプレイを開始。苦労するかと思いきや、割とあっさりと攻略できました。主人公とテルルとの二者関係でのみ見ると、エンディングとしてはよくまとまっていた(前作のエンディングはパッとしませんでしたから)ものの、戦記物としては、あまりにも中途半端。
 前作では、主人公と部下との関係にスポットが当てられ、その関係をもとに、主人公の処世を綴りながら、人間模様のバリエーションを見せる点に妙味を感じたものです。しかし『エレンシア戦記』では、建てようとしている「国家」の体制に関して、あまりにも概念的な「理想主義」と「現実主義」とがゼロサム的に対立していきます。前作とは違って、正真正銘の人間のクズともいうべき輩が大手を振っているのも腹が立つところですが、それだけではなく、主人公たちは「勝てば官軍」を地で進んだだけに過ぎない、という描写が、なんとも浅薄な限りです。主人公に負けた悪役は、
「お前も一度は負けてみるがいい。その瞬間、誰もが前を見捨てて逃げていく。それが現実というものだ」
と、実に憎い名台詞を吐きます。ところが、これに対する回答はといえば、主人公は逆賊に勝っておしまい、なんですね。しかも、背景に「自由」だの「民主」だの、空虚な政治理念を掲げる有様。このゲームの舞台が中世ではなく近代であったと考えても、武力併合による体制変革が実現した直後に「民主主義」を導入することの無意味さと無謀さとは、辛亥革命の中国、あるいは第一次大戦後の東欧諸国などを見れば歴然としています。
 本来であれば、何にも依拠することなく、ただ義のみを根拠として行動していた主人公が、いつの間にか「砂上の楼閣」に支配されていくさまは、偽善的な空々しさを濃く出しているように感じます。否、主人公だけでなく、登場人物の「器」そのものが、前作に比べてはるかに狭量になっている感も否定できません。
 「ラブコメ」として見た場合には良くなっているといえるのでしょうが、シナリオ評価として見た場合、前作の輝きはすっかり失われているようにさえ感じられます。
 戦闘シーンは、あの「リアルタイムバトル」を何度も繰り返すのはかったるい限りですので、当然のように二回目以降はパス。これはよろしいですね(^^)
 なお、メインヒロインであるラピスをクリアすると「Fin.」、ナガレをクリアすると「おわり」、テルルをクリアすると「конец」(ロシア語で「終わり」の意)と、各国後で文字が出ます。私はこの三人をクリアしましたが、他のキャラは何語が使われているのかな。


6月28日(水)

 昨日、『D+VINE[LUV]』で「20枚目のコインはどこじゃあ〜」と書きましたが、今日起動してみると、例の少年が売っていました(^^;) これで20枚獲得、晴れて噂の聖剣エクスカリバーをゲットいたしました。しかし、それまで使っていた片手剣・ヴァルキュリアに比べて、装備したときの防御力が心なしか落ちているような気がします。うーむ。
 さて、二日続けて、一般パッケージのレビューアップと相成りました。この二つが、実質的に初の「例外規定適用」です。書こうと思えば、一般ゲームでレビューを書けるものもまだあるんですが、時間や労力という問題を考えると中途半端になってしまうのは確実なので、やはり18禁(ないし15禁)に絞っていきたいと思います。


6月27日(火)

 久々のレビューアップは、初の一般対象ゲーム『聖魔大戦』。思ったことをダーッと書いただけなので、近日中にまた手を入れるかも知れませんが、これでひとまず気が楽に。重ねて書きますが、やはり一般版の方がお勧めです。
 さて、『D+VINE[LUV]』の攻略をちまちままとめていますが、聖剣エクスカリバーをいまだに拝めていません。うううっ、20枚目のコインはどこじゃあ〜。


6月26日(月)

 この週末はまったくゲームに触れることもなく、ひたすらノートを広げる毎日でありました。当然のようにWEBページの更新もほったらかしになってしまいましたが、今週はなんとか少しずつでも変えていこうと考えております。メールのお返事などもすっかり溜まってしまい、不義理を重ねまくってしまいました。うううっ、すいませんm(__)m
 お気に入りキャラのページでネタバレがあるのはまずいのでは、というご意見を頂きましたが、複数ゲームのキャラを扱う場合、どうしてもネタバレが入ってこざるを得ないんですよね。「このゲームのキャラクターについては」云々と書くのはいいとして、それらのゲームをすべてクリアできる人がどれだけいるのか、と考えた場合、対応のしようがなさそうです。


6月21日(水)

 これから週末までの数日間、地獄を見る予定ですので、更新はかなり控えめになる予定です。全面リニューアルへの道は険しい(^^;)
 『ロマンスは剣の輝きII』の攻略が一段落した気配なので、次は『D+VINE[LUV]』、次いで『Rumble』を本格的に掘り起こさないといけないのですが、果たしていつになったら終わることやら。


6月20日(火)

 引き続き、レビューページのリニューアルを継続。ひとまず、明らかに変な格好になるページはなくなったと思います(全部をチェックしたわけではありませんが)。スタイルシートなど使っていない古いページは、以前と同じレイアウトのままですが、これも今後修正する場合には、新しい形にしていく予定です。

 さて、先日、このページのリンクページ掲載では「個人サイトに限定」としている、と書いたばかりですが、一方で「来る者は拒まず」を基本方針にもしています(もちろん、相手先を確認してからですが)。この双方を立てようとすると矛盾が発生する可能性があるケースが出てきました。そんな次第で、数日内に何らかの変更をするかも知れません。
 ………しかし………それはそれとして………一昨日削除(手元には残っています)した部分、やっぱり書こうかなぁ。これも折りを見て考えます。


6月19日(月)

 レビューページも、段階的に修正を開始しました。第一弾として、スタイルシートを用いて全般的なレイアウトを統一するとともに、各ページのサイズを若干小さくおさえるようにします。ここ一週間くらいは移行期間と位置付けているので、一部のページでレイアウトがやや見苦しくなっています。また、新しい書式で書いたページは、基本的に、Netscape6とInternetExplorer5.0とで最適化してあるので、NC4.xではちょっと表示が間抜けになっています。ご了承下さい。
 今日は、SHEOさんの掲示板で話題になっている『聖魔大戦』一般版(Agree)のソミアエンドにようやっと到達しました。基本的には18禁版と差はないのですが、後半にソミアも戦闘要因として参加するので、楽勝です。ソミアのシナリオ自体は、他の裏エンドと似たようなもの(たぶん。一般版では、まだ全部を見たわけではありません)なので、特筆するほどのことはありませんが、グループとしての結束がごく自然のうちに固まっているのが良いですね。また、いかにも「入れました」といわんばかりのHシーンがないので、かえってこっちの方がよろしい。
 で、結論。コストパフォーマンスで考えた場合、絶対に一般版の方がいいです。戦闘中に突然固まるということもありませんでしたし。
 ちなみに、いくつかの追加イベントがあります。その一つの中で、私が以前「お子様三人衆」と書いた連中(ハンナ、ティア、ルナール)は「三バカトリオ」と、情け容赦ない表現で書かれていました(^^;)


6月18日(日)

 このページも更新滞ること一週間。あうーっ、己の不甲斐なさがよくわかるナリ(^^;) 本格的なリニューアルを、と思いつつ、結局本体のレビューページにはまったく手を着けていないんですから…。
 ちなみに、この「戯れ言」6月のページでは、HTMLのDOCTYPE宣言で、他のページでは必ずついてくる「HTML4.0 TRANSITIONAL」の部分を、単に「HTML4.0」にしています。果たして本当にHTML4.0Strictと言えるかどうか自信はありませんが、<FONT>などのタグを全廃したのは事実。メンテナンスはしやすいのですが、果たして古いブラウザで大丈夫なのかどうか。
 『ロマ剣II』攻略法も、やっとベータ版がなんとか形になりました。どんなに遅くとも、今月中には公開したいと思います。

 さて、ある方(WEBページ非開設者)とメールでいろいろやり取りする機会があったのですが、ふと思ったのは、「リンク」というものを、余りにも軽く捉えている方が結構多いのでは、ということです。
 ページの先頭に呪文のように書かれている「このページはリンクフリーです」という定型句の滑稽さを嗤うのは容易ですが、あるページの「リンク集」というワープゲートの中に紹介文とともに収められる場合、そこには「開設者(管理者といってもよい)同士の関係」というものが不可分に浮かび上がってきます。
 しかし、私を大いに戸惑わせることが多いものの一つ(嗚呼訳文調(^^;)に、「相互リンクしましょう」という類のメールを頂いた場合があります。基本的に、私のページに対して先にリンクをはって下さった方の場合、原則として無条件で当方からもリンクさせて頂いておりますが、そうではなく、あたかも「相互リンクして繋がってネットワークの輪が広がって嬉しいな嬉しいな」とでもいった、底抜けに無邪気な感情が文面からうかがえるケースが結構多いようですので、どことなく薄ら寒さを感じることが間々あります。しかも、そういうメールに書いてあるWEBページを拝見しても、どこにもうちのページについて書いていなかったり。もちろん、開設者は基本的にWEB初級者(「初心者」とは敢えて言いません)でしょうから、「リンク」の意味についても特には考えず、「リンク集」というのが定番コンテンツであるという認識からスタートしている場合も多いと考え、そういう場合は好意的に解釈するようにしてはおりますが、それでもあまり気分がよくないことは確かです。
 さらに(以下数行、現状から数日以内に変更があることを希望・考慮し、書いた後に削除)
 もっとひどい例になると、相手のサイトを大して見ることもなく、リンクを平気で申し込むという向きもあるそうですが、幸い私はそこまでひどい例にはあたっていません。
 いずれにせよ、相互リンクというのは、相手あってこそのものだと思います。うちのページが、基本的に個人運営のページのみをリンクページに収めているのは、そういう理由もあってのことです。メーカーとの相互をしないのは、単に癒着が嫌だ、という理由もあるんですが。
 ちなみに、ウチからリンクをお願いする場合は、巡回してからかなりのタイムスパンを置き、しかる後に、というケースが多くなっています。蓼原さんのところなど、その典型例。ページ開設当初から頻繁に拝見しておりましたが、やはり微妙な姿勢や物言いの相違に引っかかっていた次第です。今となっては、違いあってこその相互共存であるという、ごく当たり前の姿勢に落ち着いていますけれどね。

 リンクといえば、ここ数ヶ月完全にほったらかしだった『ゲーム攻略への道』へのリンク通知メール、久々に出しました(^^;) いかんねー、全く。


6月11日(日)

 ページ改修工事も中途半端に終わりそうな気配です。この「戯れ言」ページは基本的にシンプルなページですので問題はないでしょうが、果たして他の部分はどうなっていることやら。懸案のリンクページも基本的に終了し、リストもメイン以外は一応カタがついたか、と思います。レビューリストは五十音順の方が良い、というご意見も頂いたんですが、ゲームリストの方が五十音順になっているし、攻略リストも五十音順なので…う〜む、どうしようか。総合リストの方を年代順にして、レビューや攻略の方を五十音順にするかなぁ。うがーっ、可能なのか、時間的に?(^^;)
 本日は、これと『ロマ剣II』攻略調べで終了デス。


6月10日(土)

 リンク依頼がいくつかきているんですが、今日もまだ整理ができませんでした(^^;) 攻略データの整理方法でアタマ混乱してもて…本当に申し訳ないデス。明日には決着をつけるつもりです。
 リストページがいろいろあるものの、どれも野暮ったい上、ゲームの数自体が多くなってきてリストが肥大化してきたので、まずはレビューページを分割しました。一応、前の一括ページも残してはありますので、「前のパターンの方が良い」というご意見があれば、またそちらをメインに戻したいと思います。「一言」をなくせば一気に軽くなるんですが、ページ立ち上げ時の特色の一つとして作ったパートだけに、これだけは残したいし。


6月8日(木)

 頂いたメールの中に、「"自分本位"という言葉をよく使っているのに、中身はずいぶんと"客観的"ですね」というのがありました。「客観的」という言葉の使い方に関して、私には多少偏った面があるのも確かでしょうから、簡単に触れてみます。
 「客観」という言葉の背景には、「誰でもが到達しうる客体」という認識が存在します。とりあえず、「客観と主観」という二項対立の枠組みがあることを肯定した上で話を進めた場合、「主観」に対立する項として、果たして意味を持ちうるのかどうか。そもそも「誰でも」とは、何を意味するのか。これには答えの出しようがないでしょうし、出そうとするのも無駄でしょう。しかし、人間が人間である以上、何らかの共同体の成員となることを義務づけられているといっても過言ではなく、その際に不可欠となるコミュニケーションを図るにあたり、一貫性ないし明証性を維持するために必要な「共通認識」は、絶対にあるはずです。その「共通認識」の集積こそが、いわゆる「客観」なる概念と等値されているのが、実際のところでありましょう。要は、天下り的・形而上学的に「客」観なるものがあるわけではなく、「客」観というものがあるかのように思いこんでいるだけに過ぎないわけです。
 否、科学的に証明可能であることは、客観的といえる、という反論もありましょう。しかし、論理的である体系と思われるものでさえ、その「論理」の内部には説明抜きで定めなくてはならない公理が介在します(ゲーデルの不完全性定理などをご覧あれ)。結局、「客観」という言葉を濫用することは、「客観」という言葉に「神の視点」たる「絶対性」があることを意識せぬままに「本当は正しいもの」「本当は正しくないもの」を二分するという行為と等しい、といえましょう。
 それでは、「主観」ならば問題はないのか、と問われた場合、やはりこの言葉も濫用されるケースが非常に多いのは、皆さんもよくご承知の通りです。私が「主観」という言葉にこだわるのは、他者との「差異」がどのように現れるのか、という個人的な興味があったためですが、かなりの程度一般的に言えることとして、注釈抜きで「主観的」という場合、「自分の考え」の垂れ流しに過ぎないケースが非常に多いものです。しかし、「自分」が「他者」に対していかなる(相対的な)場所にあるかを示すことなしに「自分の考えを示す」ということは、自己存在の表明による安心感とナルシシスムの充足に行き着く場合が非常に多いと思えます。それは、一見「自由」でありながら(実際、「自由」と感じていながら)どうしようもない阿片窟ともいうべき袋小路の中で、既存の価値体系に安住することにも繋がりかねません。
 私が、自分のレビューについて「客観」という言葉を用いることに対して極度に慎重であるのは、大雑把にいえば、だいたい以上のような理由です。
 なお、「主観と客観」については、以前にもご紹介したGUSTAVさんの論考を一読されることをお勧めします。


6月7日(水)

 ひとまず、トップページと「ご案内」ページのデザインだけ、ちょこっと変えてみました。スタイルシートを多用したり、画像をGIFでなくPNGに変えたりということをやった結果、IEやNNのバージョン3以前ではまともに見られなくなったかも知れませんが…。
 あと、リンク依頼が二件あったのですが、リンクページは手直ししようとして泥沼化しているので、大変申し訳ありませんが、もう数日お待ち下さいm(__)m 特に、先方からリンクページを見せて下さったHIKAさんのサイトは、レビューサイトとして実に誠実な姿勢をお見せになっているので、今後も楽しみです。


6月5日(月)

 『D+VINE[LUV]』の攻略データが一通り揃いました。当初狙っていた全アイテム一覧表は、実現不可能と割り切って断念することに致しました(^^;) さて、この次は『Rumble』、そして『真・瑠璃色の雪』、…『ロマ剣II』も進行中だし、う〜、いつ終わることやら。この月末は地獄モード突入予定なので、今のうちに何とか、と考えてはいるのですが、自分自身の処理能力には限界があるみたい。CPUみたいに差し替えてパワーアップ、というわけにはいきませんからねぇ。
 近いうちに、ページの改装工事を行いたいと思っているのですが、なかなか時間が取れません。そんなわけで、今日はスタイルシートだけちょこっといじってみました。もっとも、比較的新しいレビューページ以外は反映されていないのですけれどね。まぁ、試験的に、あれこれと「それだけを取ったら何の意味もないような小細工」をちょいちょいやっていきたいと思っています。


6月4日(日)

 攻略データって、書き出すだけならいざ知らず、検証のために確認プレイをする時間が大変です(^^;) もっともそのおかげで、新たなイベントを見つけだせたり、これはこれでまた楽しいのではありますが。『ロマ剣II』など、パーティメンバーを変えてやり直しを何度もすることで、「おしかけ漫才師」(by女悪魔)のバリエーションの広さに舌を巻いております。この「おしゃべりの楽しさ」が十全に活かされておらず、積極的に「見たい」という気にまでなれないのが、やはり高い評価ができない所以なんですね。ああ勿体ない。


6月2日(金)

 しばらくレビュー書きは休みます。理由はといえば、書くだけのネタとなるためのゲームがそもそもプレイできていないという面(プレイ済みで書いていないゲームもあることはありますが、そういうゲームにはリプレイ意欲が湧かなかったり)、そして、レビューをすでに書いたゲームをリプレイしてちょいちょい修正を施したりしたいという面、NIFTYの方で久々に本腰を入れている攻略データ整理に力を入れたいという面などがあります。次にプレイしようと考えているのは『ロマンスは剣の輝き』(IIではありません)ですが、まだプレイ時期は未定です。
 なお、NIFTYで取り組んでいる攻略データですが、もちろん、このページにも反映させていく予定です。その際、これまではファイル直置きだけだったのですが、今後は複数ページにわたっているものはアーカイブにまとめ、オフラインで使いやすいようにしたいと考えております。合わせて、ページデザインも多少変えたい、と思っているんですが…実現可能かどうかは神のみぞ知るところでしょうか(^^;)
 ところで、SHEOさんトコの掲示板でちょっと話題になっていたことですが、ゲーム登場キャラクターの人名に地名を使うというケースが時折見られますね。私が一番驚いたのは『Silver Moon』(R.A.N Software)で、姓が「日吉、真上、松ヶ丘、安岡寺、芥川、川久保、寺谷、天川、前島」。これ全部、大阪府高槻市の地名です。特に、「日吉」から「寺谷」までは、おおむね名神高速道路より山側に開発されたニュータウンおよびその周辺の地名でもあり、開発者の居住地あるいは出身地がこのあたりなのか、と推測されます。大阪およびその近郊に在住していなければ、まずわからないようなネタなのですけれどね。



前の月へ 次の月へ

過去の「戯れ言」
2000年5月 4月 3月 2月 1月
1999年12月 11月 10月 9月 8月
特別編1999年Xゲームを振り返る
私的ブランドイメージ

[トップページへ]