2002年7月の戯れ言


前の月へ 次の月へ
過去の「戯れ言」

7月16日(火)

 この前の日曜日は久々に休むことができました。もっとも、その2日前から会社に泊まり込みで、日曜の早朝まで徹夜だったので、睡眠時間を除けば半休に近いのが実態でしたが、やはり休みがゆっくり取れると心身ともにずいぶん気が楽になりました。

 この週末は、某所でチラリと書いた、プレクスターのCD-R/RWドライブ「PX-W4012TU」を買ってきました。USB2.0接続の外付けドライブですが、アルミの外装ケースとブラックトレイが壮観で、白系統の筐体ばかりが並ぶシステム周りの中で異彩を放っています。確かにこれならファンレスでも何の問題もなさそう。データをちょいちょい4-8倍速で試し焼きしていますが、現在のところ特に大きな問題もなく、素直に動いています。これまで長いこと使ってきたリコーの「MP7040S」もそれなりにいいドライブですが、こちらは今後代打専門という役割になりそうです。まずは、たまりにたまったゲームのデモや体験版を、これを使ってCD-Rに焼いていこうと考えています。ただし、無秩序にファイルを放り込んでいくと収拾がつかなくなるので、それぞれメーカーごとにフォルダを作って…とやっているため、結局個別のデモファイルをそれぞれチェックするハメに。この結果、ゲームをやる時間が確保できないという状況に相成りました。

 そのうちの1つ、キャンドルの『闇色の童話』のデモですが、「血まみれ」という言葉が真っ先に頭に浮かびました。うーん、どこまで期待して良いものか、ちょっと不安になってきています。

7月7日(日)

 現在、会社に泊まり込むことが常態化していて、実はこの文章も会社で書いていたりします(^^; こんな状態なので、しばらくメールや掲示板などのお返事などが滞ることになるかと思います。ご容赦ください。

 さて、3日の「戯れ言」で書いた『蒼い海のトリスティア』ですが、動作環境がどうにも妙ですね。オフィシャルサイトに掲載されている対応OSはMicrosoft Windows(R) 98/Me/2000(Professional)/XP(HomeEdition) の各日本語版となっており、なぜかWindowsXP Professionalが動作対象から外れています。HomeEditionでは動作してもProfessionalでは動作しない(あるいはその逆)なんていうゲームプログラムってあるんでしょうか? 私はド素人ですが、それでもHomeEditionとProfessionalの機能差は一応知っていますし、少なくともゲームをやる際には差は皆無だと思っていただけに、この表記には驚きました。単に「確認環境がHomeEditionしかない」ということなのかもしれませんが、それでもこの両者に差があるとも思えませんし。まあ、動作しないときはWindows98にインストールすればいいだけなんでしょうけれど、いったい何なんだか。

 しかし、ちょいちょい公開されているナノカの画像を見ると、ある部分が絶妙に見えそうで見えないというのがなんとも(^^;

7月3日(水)

 いくつか攻略関連のお問い合わせをいただいておりますが、過去1か月以内にいただいたものは、1件をのぞいて保留状態になってしまっています。ゲームをリプレイして確認できる時間がなかなか取れなかったり、帰宅すると疲れてすぐに寝てしまったりすることが多いためですが、どうもいけません。

 先月の最後の週末にはビッグタイトルが集結したようで、金曜日に外回りのついでに秋葉原に回るとものすごい行列がそこかしこにできていて肝をつぶしました(^^; もっとも私は何にもたいした興味を示すことなく、ただ単に現在持っているゲームと自分のさける時間を考えれば、わざわざ金を出して自分を追いつめる必要もなかろう、と思うようになっています。別に意欲が落ちてきたとか枯れてきたとかいうのではなく、そもそも物理的に自室が限界に来ているという面も否定できません(^^;;;

 今月発売予定分で注目しているのは、20日発売予定の『蒼い海のトリスティア』(工画堂スタジオ)。登場人物をみると初代パルフェのように見えてきます。グラフィックでは問題なさそうですし…と、ここで今年割とハズレに近い作品を引いてしまった私の学習能力のなさを露呈することにもなりかねませんが、現在チェックしているのがこれ。

 あとは『闇色の童話』(キャンドル)ですが、これを書いている時点での発売予定日「7月12日」が、どこまで信じられるかどうか、でしょうか。

 それ以前にも、『女郎蜘蛛 〜真伝〜』やら『D.U.0.』やら『僕と、僕らの夏』やらを性懲りもなく積んでいるので、プレイさえすれば書けるネタはいっぱいあるんですが、『女郎蜘蛛』は時間がかかるのが確実ですし、うーん、困った。



前の月へ 次の月へ
過去の「戯れ言」

[トップページへ]