2003年11月の戯れ言


前の月へ 次の月へ
過去の「戯れ言」

11月20日(木)

 久々にレビューをアップしました。前回書いたのが8月初頭の『待宵草』ですから、なんと3か月以上間をあけてしまったことになります。実際、この秋に入ってからは別の方面に時間と労力をさいており、コンプリートしているゲームはほとんどないのが実情なので、無理なく進めた結果といってしまえばそれまでですが、なんとも情けないかぎりです。もう少し気合いを入れてがんばらないといけませんね。

 さて『てんたま』のレビューを書き終わると、設定として重なる部分のある『雨に歌う譚詩曲』をリプレイしたくなり、ちまちまと再開しました。細かいところは忘れているものの、こちらのほうが私には合っていそうな感じがします。どんな形であれ、主人公とヒロインとがシンクロできる瞬間があってはじめて、ラブストーリーとしての決着が付くのではないかと思いますし、何よりも、出した結論の重みがまるで違ってきますから。



前の月へ 次の月へ
過去の「戯れ言」

[トップページへ]