戯れ言 〜つれづれなるままに〜


前の月へ 次の月へ
過去の「戯れ言」

5月27日(木)

 一部の方にはメールなどでお伝えしていたのですが、恒例の繁忙期に突入していたこともあって、サイトの更新が完全にストップしてしまいました。また、繁忙期が長期にわたって続くと、何ごとに対してもなかなかモチベーションが復活しないようなので、しばらくリハビリ期間として、のんびりプレイ済みゲームのリプレイなどをしていくことにします。

 

 今日は、『シンフォニック=レイン』(以下、SR)のサウンドトラックCD「RAINBOW」を買ってきました。これまで、工画堂スタジオ−くろねこさんちーむのリリースするゲームは、音楽を中心の題材に使いながら、肝心のサウンドが今ひとつピリッとしない印象が強いものでした(曲そのもの、曲の使い方、歌詞、ボーカル、などなどで)。ところがSRでは、これが明らかにふた回りくらいレベルアップしていたため、サントラの発売を楽しみに待っていたしだいです。これまで、ゲーム本体および付属以外のCDを別途買ったことがあるのは、emuとぱんだはうすの音楽CDだけだったのですが、今回は有無をいわさずに買ったしだいです。

 ゲームの中で使われているものに比べて若干のアレンジが施されているものの、軒並みウェットな感じのある、いい雰囲気の曲になっています。

 作詞と作曲は、先日物故された岡崎律子氏。これまではまったく存じ上げなかったのですが、SRをプレイして「工画堂スタジオはいい人を確保したものだ」と思ったのですが…。「I'm always close to you」のラストが、果てしなく悲しさを増してしまいます。遅ればせながら、冥福をお祈り申し上げます。



前の月へ 次の月へ
過去の「戯れ言」

[トップページへ]